ベラ・ポーチが新曲「Dolls」のミュージック・ビデオを公開!8月にはデビューEPのリリースも発表

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Bella Poarch(ベラ・ポーチ)が新曲「Dolls(ドールズ)」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Bella Poarch – Dolls – YouTube

Andrew Donoho(アンドリュー・ドノホ)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、デビュー曲「Build a Bitch」のラストから始まり、自らドールに扮したベラ・ポーチが泣き叫ぶシーンから始まります。右腕のないドールは他のドールを仲間にしながら店やそれらを作った工場から解放するときに反乱を起こします。ラスボスのような立ち位置に人気TikTokerのDREAMが出演しており、彼を守る役目のドール役にはGrimes(グライムス)が出演。ベラ・ポーチと約1分ほどのバトルシーンを展開します。このバトルシーンを演じるために2人は数週間かけてトレーニングを行ったそうです。他にもYouTuberのValkyrae(ヴァルキリー)や女優のChloe Cherry(クロエ・チェリー)など多くのゲストが出演しています。

デビュー曲「Build a Bitch」はTikToker出身の曲としては異例のヒットを記録しており、今作はこの流れを受けて作られました。米バラエティ誌とのインタビューでは今作について「復讐と反撃の満足感に関するもの」と語っており、「いじめっ子があなたのところに行かないようにし、互いに助け合うことです」と付け加えています。

また8月12日にはデビューEP『Dolls(ドールズ)』をリリースすることも発表。これまでにリリースした「Build a Bitch」、Sub Urban(サブ・ウルバン)とのコラボ曲「Inferno」も収録される予定です。今作について自身のSNSで「この1年間、私はこのプロジェクトに取り組んできました。これは、私たち全員が生きている日常の戦いを反映したものです。 それぞれの曲は何か違うものを反映しています。 力、戦う必要性、内なる悪魔との戦い、その主人公のエネルギー、敏感な側面、そしてあなたの肺の上部で叫びたいという衝動を利用します。」とコメントしています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事