ナイジェリア出身シンガー、レマがジミー・ファロンの米人気テレビ番組に出演し披露した「Calm Down」と「Holiday」のパフォーマンス映像が公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

アフリカはナイジェリア出身の“アフロポップ・プリンス”とも呼ばれる現在22歳のRema(レマ)がジミー・ファロンがホストを務める米人気テレビ番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」に出演。大ヒット曲「Calm Down」と「Holiday」を披露した際のパフォーマンス・ビデオが公開されました。

※現在、YouTubeでの映像は削除されています。

映像ではシンプルな白いジャケットとジーンズに身を包んだレマが、生演奏による特別なアレンジで2曲を披露しており、貴重な音源となっています。「Holiday」は、デビューEPをリリースした2019年に、周囲から酷評されたり、拒まれたりした中、自分を信じ続けた、という内容を込めた曲となっています。

アフロビーツ、そしてAfrorave(アフリカのレイヴミュージック)の先駆者として注目を浴びているレマ。昨年3月にChris Brown(クリス・ブラウン)6LACK(ブラック)等とのコラボレーション楽曲も収録されたデビュー・アルバム『Rave & Roses』をリリースすると、16ヶ国以上にて1位を獲得し、母国ナイジェリアのチャートでは、アフロビーツの作品として、史上最高位での初登場作品という記録を打ち立てました。

「Calm Down」は、ソロアーティストによるアフロビーツの楽曲として、最速でSpotifyにおいて1億ストリーミングを越え、その勢いは止まることを知らず、全英シングル・チャートにおいて最高位6位を記録。元全米大統領のオバマ氏が「Calm Down」を2022年の最もお気に入りの曲のプレイリストに入れたことで更に話題を呼び、遂にビルボード・グローバル・チャートにおいて同曲が1位を獲得し、YouTube上でもアフロビーツの楽曲で史上最高のパフォーマンスを打ち出しています。また、レマは現在Spotify上でのマンスリーリスナーが3,700万人以上おり、アフリカ出身のアーティストとして最高値を記録しています。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事