レディオヘッド「Creep」が映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』効果でSpotifyグローバル・チャートに初エントリー

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Radiohead(レディオヘッド)が1992年にリリースしたデビュー曲「Creep」がSpotifyグローバル・チャートに178位にランクイン。今作のアコースティック・バージョンが映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』のサウンドトラックに収録されており、映画で使用された影響でリリースから31年を経て初めてエントリーしました。

Radiohead – Creep – YouTube

Radiohead – Creep (Acoustic) – YouTube

アコースティック・バージョンは1993年7月13日のKROQ-FMでのライブパフォーマンスから抜粋され、1994年のEP『My Iron Lung』に収録されました。映画ではロケットがクイルのプレイヤーで聴きながら口ずさむシーンで使用されています。

サウンドトラック・アルバムの日本盤『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3 オーサム・ミックス Vol. 3(オリジナル・サウンドトラック)』はオリコンの週間アルバムチャートで22位、デジタルアルバム・チャートでは3位、ビルボード・ジャパンのホット・アルバム・チャートでは10位と高いチャートアクションとなっています。

数々のヒーローを生み出してきたマーベル・スタジオの中でひときわヒーローらしくない銀河一の落ちこぼれヒーローチームの物語を描いてきた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズは70年代を中心とした音楽を使用したサウンドトラックも大注目!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』と過去2作のオリジナル・サウンドトラックは、全米アルバム・チャートでそれぞれ1位と4位の大ヒットを記録。なんと既存の曲のみで構成されたアルバムが1位になったのは史上初。

★最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』のオリジナル・サウンドトラックもレディオヘッド「クリープ(アコースティック・ヴァージョン)」、レインボー「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」、アース・ウィンド&ファイアー「リーズンズ」など往年のヒット曲・名曲が満載!ガーディアンズの愛すべき仲間の命とチームの存続を懸けたエモーショナルなストーリー、シリーズの集大成となる圧倒的スケールのアクションを彩るオーサム(最高)な楽曲、全17曲収録。

■トラックリスト
1. クリープ(アコースティック・ヴァージョン)/レディオヘッド
2. クレイジー・オン・ユー/ハート
3. シンス・ユー・ビーン・ゴーン/レインボー
4. イン・ザ・ミーンタイム/スペースホッグ
5. リーズンズ/アース・ウィンド&ファイアー
6. ドゥ・ユー・リアライズ??/ザ・フレーミング・リップス
7. ウィー・ケア・ア・ロット/フェイス・ノー・モア
8. 小犬のカーニバル~小犬のワルツより~/エハミック
9. 虹を追いつづけて/アリス・クーパー
10. サンフランシスコ/ザ・モーグリス
11. プア・ガール/X
12. ディス・イズ・ザ・デイ/ザ・ザ
13. ノー・スリープ・ティル・ブルックリン/ビースティ・ボーイズ
14. ドッグ・デイズ・アー・オーヴァー/フローレンス・アンド・ザ・マシーン
15. バッドランド/ブルース・スプリングスティーン
16. アイ・ウィル・デアー/ザ・リプレイスメンツ
17. カム・アンド・ゲット・ユア・ラヴ/レッドボーン
Amazonで詳細を見る

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事