実力派新生アーティストd4vdが5/26リリースのEPから新曲「Don’t Forget About Me」のリリック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

今年フジロック’23での初来日も決定しているテキサス州ヒューストン出身の実力派新人アーティストd4vd(デヴィッド)が新曲「Don’t Forget About Me(ドント・フォーゲット・アバウト・ミー)」をリリースし、リリック・ビデオを公開しました。同曲は5月26日リリースが決定しているデビューEP『Petals to Thorns(ペタルズ・トゥ・ソーンズ)』からの最後の先行シングルとなっています。

YouTubed4vd – Don’t Forget About Me – YouTube

かつて愛し合った2人の関係の終わりを歌うこの曲は「僕なんか死んだ方がましだと言ってくれ/でも僕のことを忘れたなんて言わないで」という歌詞と共に残酷に繊細に表現しています。

また、5月26日にリリースが決定している待望のデビューEP『Petals to Thorns』はR&Bやインディー・ロック、グランジまで多様なジャンルのリスナーを魅了できるような9曲を収録した作品となっており、今回発表されたシングルはもちろん、記録的なヒットでRIAAプラチナ認定も受けた「Romantic Homicide」、TikTokを中心にバズを起こしたこちらもRIAAゴールド認定を受けている「Here With Me」をはじめ彼の音楽人生において重要な楽曲である「WORTHLESS」、「You and I」、その他新曲3曲の収録が決定しています。

幼い頃から日本のアニメに大きな影響を受けてきたd4vd。以前から訪れたい国に真っ先に日本と回答していたd4vdが今年の夏3日間に渡り開催されるFUJI ROCK FESTIVAL 2023の2日目、7月29日に出演することが決定しています。
詳細はこちら

d4vdd4vd

■リリース情報

d4vd(デヴィッド)『ドント・フォーゲット・アバウト・ミー』

シングル『ドント・フォーゲット・アバウト・ミー』
リリース日:2023年5月18日
視聴はこちら

d4vd『Petals to Thorns』

アルバムEP『Petals to Thorns(ペタルズ・トゥ・ソーンズ)』
リリース日:2023年5月26日
■『Petals to Thorns』トラックリスト
1. スリープ・ウェル / Sleep Well
2. ヒア・ウィズ・ミー / Here With Me
3. ディス・イズ・ハウ・イット・フィールス (feat. レイヴェイ) / This Is How It Feels (feat Laufey)
4. ドント・フォーゲット・アバウト・ミー / Don’t Forget About Me
5. ワースレス / WORTHLESS
6. バックストリート・ガール/ Backstreet Girl
7. ユー・アンド・アイ / You and I
8. ロマンティック・ホミサイド / Romantic Homicide
9. ザ・ブリッジ / The Bridge

■アーティスト情報
HP
Instagram
Twitter
Sound Cloud
TikTok

■バイオグラフィー
テキサス州ヒューストン出身のd4vd(読み方:デヴィッド)は、Spotify USトップ50チャートで2位、Spotify USバイラルチャート で1位を獲得した超新星シングル「ロマンティック・ホミサイド(Romantic Homicide)」でインターネット上に突如登場しました。d4vd(デヴィッド)の アーティストとしてのスタートは2021年までさかのぼり、ジャンルの垣根を超えたシングルを次々と発表して きました。プロフェッショナルな音楽機材はもちろん、スタジオへのアクセスも限られていたd4vd(デヴィッド)は、SNS上で自らプロデューサーたちと繋がり、作品に自分のボーカルをiPhoneだけで録音することで音楽制作を開始しました。そこから、熱心なゲームプレイヤーでもあるこの10代の奇才は、「フォートナイト」をプレイしながら自分の楽曲を紹介し始め、ゲーム配信の視聴者や仲間のゲーム・プレイヤーから、“楽曲をリリースした方がいいよ”という熱烈な関心を集めました。d4vd(デヴィッド)はTikTok上でBandLabというアプリを使って自分の音楽の別バージ ョンをアップロードし、数百万以上の再生数を記録。楽曲がリリースされる前に自分のページでオリジナル・ サウンドを投稿、実力派新人のアーティストとしての軌跡はまだ幕を開けたばかりです。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事