TikToker兼シンガー・ソングライターのデイヴィッド・クシュナー、新曲「Daylight」が全英初登場トップ3入り!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

アメリカはシカゴの郊外生まれのDavid Kushner(デイヴィッド・クシュナー)

300万人を超えるフォロワーがいるTikTokを中心にシンガー・ソングライターとして発信し続け、昨年は「Miserable Man」が大ヒット。そして今年4月14日にリリースした新曲「Daylight」が配信直後に一気に150万回ストリーミングされ、たちまちSpotifyのグローバルチャートのトップ10入りを果たしました。更には、昨年全英チャートにてトップ40入りをしていたデイヴィッド・クシュナーは、今作の「Daylight」にて、自身最高位となる初登場3位を実現。この結果に対して自身のTikTokアカウントでイギリスの国旗の旗をはためかせながら、「イギリスの皆さん、僕のシングルがあともう少しで1位を獲得するところでした。ストリーミングしてくれて、本当に有難うございます。愛しています」と投稿。これまでLauv(ラウヴ)のオープニングアクトを務めた経歴のあるデイヴィッド・クシュナーは、初のロンドンでの3公演とも全てチケットが即完しています。

YouTubeDavid Kushner - Daylight - YouTube

ここ1年でグローバルにおいて音楽キャリアを築くデイヴィッド・クシュナーは、累計6.1億ストリーミング再生回数を誇っています。今作の「Daylight」は今後リリースが期待されるデビュー・アルバムの2ndシングルであり、U2、PJ ハーヴェイ、ホージアなどの作品を手掛けているRob Kirwanがプロデュース。

シングル「Daylight」についてデイヴィッド・クシュナーは、「この曲は、光と闇を通じて、痛みを同時に感じる矛盾した欲望を表現しています。歌詞の” Oh I love it and I hate it at the same time you and I drink the poison from the same vine (大好きだけど大嫌い 君と僕は同じ蔓の毒を飲んでいる)”という歌詞には、このコンセプトが詰まっているんです」と説明しています。

David KushnerDavid Kushner

■商品情報

David Kushner「Daylight」

シングル「Daylight」
2023年4月14日発売
試聴/購入リンク

■バイオグラフィー
アメリカはシカゴの郊外生まれ。現在はLAにて活動するシンガー・ソングライター。300万人を超えるフォロワーがいるTikTokを中心に発信し続け、2022年には「Miserable Man」が大ヒットし、全英チャートにてTop40入りを果たす。2023年にリリースした「Daylight」は配信直後SpotifyのグローバルチャートのTop10入りを果たし、更には全英シングル・チャートにおいて自身最高位となる初登場3位を実現。これまでラウヴのオープニングアクトを務めた経歴のあるデイヴィッドは、初のロンドンでの3公演とも全てチケットが即完している。ここ1年でグローバルにおいて音楽キャリアを築くデイヴィッドは、累計6.1億ストリーミング再生回数を誇っている。今作の「Daylight」は今後リリースが期待されるデビュー・アルバムの2ndシングルであり、U2、PJ ハーヴェイ、ホージアなどの作品を手掛けているRob Kirwanがプロデュースしている。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事