Ed Sheeranが本日「ミュージックステーション SUMMER FES」に出演し2曲SPメドレーを披露

Ed Sheeran(エド・シーラン)が日本のファンに向けて、本日18時30分よりオンエアされる「ミュージックステーション SUMMER FES」に登場。大ヒット曲「Shape Of You」と新曲「Bad Habits」の2曲SPメドレーを披露する予定になっています。

テレビ朝日系「ミュージックステーション SUMMER FES」
8/20(金)18:30~21:48
ミュージックステーション公式HP

Ed Sheeranが本日「ミュージックステーション SUMMER FES」に出演し2曲SPメドレーを披露

昨晩エド・シーランが、10月29日にアサイラム・レコーズからニュー・アルバム『=(イコールズ)』をリリースすることを発表し、本日より予約受付もスタートしました。アルバムに収録されるエモーショナルな新曲「ヴィジティング・アワーズ」とそのパフォーマンスビデオを公開しています。

関連記事
Ed Sheeranが「Visiting Hours」のパフォーマンス・ビデオを公開し新アルバム「= (Equals)」発売日も発表

エドのシンボル・アルバム・シリーズの第4弾となる『=』は、エドにとってこれまでで最も完成度の高い作品であり、新たな領域に挑み続けるアーティストとしての進化を示しています。世界的に大ヒットした『÷(ディバイド)』から4年間に渡って制作された本作の収録曲は、エドが自分の人生と、その時々の自分、関わってきた人々を見つめ直し、様々な愛の形(「The Joker And The Queen」、「First Times」、「2step」)、喪失(「Visiting Hours」)、回復力(「Can't Stop The Rain」)、父親としての自覚(「Sandman」、「Leave Your Life」)を探求する一方で、自分の現実とキャリアを見つけなおす(「Tides」)など、自身の人生に起きた様々なイベントをテーマに歌っています。サウンドとしては、ギターを中心とした特徴的なトラックや世界クラスのバラード、そして今夏のカムバック曲「Bad Habits」で初めて披露された重厚で幸福感に満ちたプロダクションがほどこされた楽曲など、今回もエドの多彩な音楽パレットが凝縮された1枚となっています。

『=』でエドは自分自身の真実・思いを受け入れながら、親密なひと時やありふれた日常の瞬間をシームレスに捉えています。「Visiting Hours」はエドの師であり友人でもあるマイケル・グディンスキー氏の死を受け止め彼の死の直後に書かれた曲で、普遍的な経験をより高い次元へと昇華させています。「天国に面会時間があればいいのに、そうすればただ立ち寄ってあなたのアドバイスを聞くことができるのに」。3月に開催されたマイケルのトリビュートコンサートで初披露されたこの曲には、マイケルの親友であるカイリー・ミノーグとジミー・バーンズがバッキングボーカルとして参加しており、昨晩よりパフォーマンス動画も公開されています。

サフォーク、ロンドン、スウェーデン、そしてLAと世界各地で作詞作曲とレコーディングされた今回のアルバムをエグゼクティブ・プロデュースしたのは、エド・シーラン本人とFRED(『No.6 Collaborations Project』)、ジョニー・マクダイド(『÷』)、そしてスティーブ・マック、ジョー・ルーベル、エイミー・ワッジ、フォイ・ヴァンス、エルヴィラ・アンデルフィヤルド、デヴィッド・ホッジス、アンドリュー・ワット、ルー・ベル、ナタリー・ヘンビー、ベン・クウェラーが追加で作曲やプロデュースを担当している。シーランの兄で作曲家のマシューは、「First Times」と「The Joker And The Queen」で見事なストリングスアレンジを貢献しています。

アルバムのアートワークは、アルバムのテーマである "新しい命 "を象徴する蝶のイメージを鮮やかにコラージュしたもので、その背景にはエド自身が描いた抽象的な絵画が配置されています。

今回のアルバム・リリースについて、エドは、「『=(イコールズ)』は本当に個人的な作品で、僕にとって大きな意味を持つものだよ。ここ数年で僕の人生は大きく変わったー結婚して、父親になり、大切な人を失ったから、今回のアルバムの中ではこれらのテーマを振り返っている。このアルバムは僕が大人になるまでの成長の記録だと思ってるし、この次の章を皆さんと共有するのが待ち遠しいな」と話しています。

エド・シーランが6月にリリースした10枚目の全英No.1シングル「Bad Habits」は連続で全英オフィシャル・シングル・チャートの首位を獲得し、その後、これまでに全英で50万枚の売上を達成した最速の楽曲となり歴史を塗り替えました(OCC)。彼は今後、9月2日にロンドンのO2 Shepherds Bush Empireで、デビューアルバム『+』の10周年を記念した親密なファンライブを行う予定になっています。

■アルバム情報■

Ed Sheeran『=(イコールズ)』

Ed Sheeran
ニュー・アルバム『=(イコールズ)』

2021年10月29日発売
国内盤CD
品番:WPCR-18456
価格:税抜価格:2,000円 / 税込価格:2,200円

予約 / ダウンロード / ストリーミングはこちら

1. Tides / タイズ
2. Shivers / シヴァーズ
3. First Times / ファースト・タイムズ
4. Bad Habits / バッド・ハビッツ
5. Overpass Graffiti / オーヴァーパス・グラフィティ
6. The Joker And The Queen / ザ・ジョーカー・アンド・ザ・クイーン
7. Leave Your Life / リーヴ・ユア・ライフ
8. Collide / コライド
9. 2 Step / 2ステップ
10. Stop The Rain / ストップ・ザ・レイン
11. Love In Slow Motion / ラヴ・イン・スロウ・モーション
12. Visiting Hours / ヴィジティング・アワーズ
13. Sandman / サンドマン
14. Be Right Now / ビー・ライト・ナウ

「Visiting Hours / ヴィジティング・アワーズ」パフォーマンス動画

■シングル

「Bad Habits / バッド・ハビッツ」
配信日:2021年6月25日

ダウンロード / ストリーミングはこちら
ミュージック・ビデオ(日本語字幕付き)
日本版アニメーション・ミュージック・ビデオ

■プロフィール: エド・シーランについて

エド・シーランは、時代を定義するアーティストのひとり。示唆に富むソングライティング、普遍的なポップ、マルチジャンルの影響力を融合させた彼の豊かなタペストリーは、リスナーに完璧にマッチするだけでなく、世代を超えて愛されています。2010年に彼のお気に入りのグライムアーティストをフィーチャーした8曲入りEP『No.5 Collaborations Project』でUKに名を馳せたサフォーク出身のエドは、その比類なきソングクラフトと多才さで世界中のファンの共感を得てきました。現在、『+』(2011年)、『x』(2014年)、『÷』(2017年)、『No.6 Collaborations Project』(2019年)と4枚の全英No.1アルバムを発表し、世界中で4,500万枚以上のアルバムと1億5,000万枚以上のシングル売り上げを記録しています。

その中でも特に注目すべきなのが2017年にリリースした大ヒット作『÷』であり、エドが地球上で最も需要のあるポップスターの一人として君臨する理由になった作品。イギリスの男性アーティストによるアルバムとしては史上最高の売り上げを記録したこのアルバムには、「Castle on the Hill」、「Perfect」、「Shape of You」などのシングル曲が多数収録されており、「Shape of You」はSpotifyで最もストリーミングされた曲という記録を誇っています。

グラストンベリーでヘッドライナーを務めた彼が21世紀を代表するアーティストの一人となったのは、これまでにリリースされた音楽の力だけではありません。9万人収容の会場を、彼がキャリアを最初にスタートさせた当初演奏していたパブに変えてしまう神秘的な能力を持つエドは、2015年、ウェンブリー・スタジアムでバンドを使わず、ギターとループペダルだけで3夜連続でソールドアウトにした史上初のアーティストとなって歴史に名を残しています。2019年夏には2年間にわたる大規模な<ディバイド>ツアーを終え、サフォーク州イプスウィッチでの特別な帰国公演を経て、史上最も観客動員数の多いツアーとして公式に発表し再び歴史に名を刻むことになりました。

彼は2017年に音楽とチャリティへの貢献でMBEを受賞した他、1 x IFPI賞(2017年の世界的ベストセラー・アーティスト)、4 x グラミー賞、4 x アイボア・ノヴェロ賞、6 x BRIT賞(2018年と2019年の「グローバル・サクセス」の2連覇を含む)、7 x ビルボード賞+αなど数多くの音楽賞を受賞しています。

2019年末にシーランは2010年から2019年の間英国のオフィシャル・シングル・チャートとアルバム・チャート全体で最多のNo.1を獲得するなど母国イギリスで数々の功績を残したことを受け、オフィシャル・チャート・カンパニーから史上初となる「No.1 Artist of the Decade」賞を授与しています。