【全英シングルチャート】映画「ミラベルと魔法だらけの家」から「秘密のブルーノ」6週目の首位を獲得!ミミ・ウェッブが初登場でTOP10入り!

週末に発表された最新の全英シングルチャート、映画「ミラベルと魔法だらけの家」のサウンドトラック・アルバム収録曲「We Don't Talk About Bruno(邦題:秘密のブルーノ)」が6週目の首位を獲得。7日間で780万以上以上のストリーミング回数を獲得しており今のところ圧倒的な首位として君臨している状態です。またJessica Darrow(ジェシカ・ダロウ)が歌う「Surface Pressure(邦題:増していくプレッシャー)」が再び3位に上昇し、安定した人気をキープしています。

We Don't Talk About Bruno (From "Encanto") - YouTube

Jessica Darrow - Surface Pressure - YouTube

Fireboy DML(ファイヤーボーイDML)Ed Sheeran(エド・シーラン)の「Peru(ペルー)」リミックス盤は再び2位に上昇したものの、1位との差は大きく「秘密のブルーノ」の壁をなかなか崩せない状態です。エド・シーランは先週「The Joker and the Queen(ザ・ジョーカー・アンド・ザ・クイーン)」もランクインさせましたが今週は12位と大きくランクダウンしています。

Fireboy DML & Ed Sheeran - Peru - YouTube

ベルギー出身のDJ、Lost Frequencies(ロスト・フリクエンシーズ)Calum Scott(カルム・スコット)を迎えた「Where Are You Now(ホエア・アー・ユー・ナウ)」が4位、Belters Only(ベルターズ・オンリー)Jazzy(ジャジー)を迎えた「Make Me Feel Good」が5位にランクインし、共に最高位を更新しました。

Lost Frequencies ft Calum Scott - Where Are You Now - YouTube

Belters Only ft Jazzy - Make Me Feel Good - YouTube

そして6位にはMimi Webb(ミミ・ウェッブ)の新曲「House On Fire(ハイフ・オブ・ファイヤー)」が初登場。ミミ・ウェッブにとって過去最高のチャートアクションとなり、過去8位を記録した「Good Without」を上回りました。

Mimi Webb - House On Fire - YouTube

7位にはSam Fender(サム・フェンダー)の「Seventeen Going Under(セヴンティーン・ゴーイング・アンダー)」、8位は先週と変わらず「The family Madrigal(邦題:ふしぎなマドリガル家)」、Luude(ルード)Colin Hay(コリン・ヘイ)を迎えた「Down Under(ダウン・アンダー)」が9位にランクアップし最高位を更新。10位にはD-Block Europe(ディーブロック・ユーロップ)がラッパーCentral Cee(セントラル・シー)を迎えた「Overseas(オーヴァーシーズ)」がランクインしています。

Sam Fender - Seventeen Going Under - YouTube

Stephanie Beatriz, Olga Merediz, Encanto - Cast - The Family Madrigal (From "Encanto") - YouTube

Luude - Down Under (Feat. Colin Hay) - YouTube

D-Block Europe - Overseas ft. Central Cee - YouTube

D-Block Europe(ディーブロック・ユーロップ)は昨年リリースの「Make You Smile(メイク・ユー・スマイル)」のミュージック・ビデオを公開した影響もあり先週45位→19位に急上昇。その他トップ10以下では11位にエド・シーラン「Bad Habitts(バッド・ハビッツ)」が再浮上。Bring Me The Horizon(ブリング・ミー・ザ・ホライズン)を迎えたリミックス盤がリリースされ急上昇しています。

D-Block Europe - Make You Smile ft. AJ Tracey - YouTube

Ed Sheeran - Bad Habits feat. Bring Me The Horizon - YouTube

参考情報:Official Singles Chart Top 100

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。