Courtney BarnettがI'll Be Your Mirror: A Tribute To The Velvet Underground & Nicoから「I'll Be Your Mirror」のリリック・ビデオを公開

Courtney Barnett(コートニー・バーネット)The Velvet Underground(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)のトリビュート・アルバム「I'll Be Your Mirror: A Tribute To The Velvet Underground & Nico」から「I'll Be Your Mirror(邦題:ユア・ミラー)」のリリック・ビデオを公開しました。

Courtney Barnett - I’ll Be Your Mirror - YouTube

「I'll Be Your Mirror: A Tribute To The Velvet Underground & Nico」は9月24日にリリースされるトリビュート・アルバム。The Velvet Undergroundが1967年にリリースしたデビューアルバム「The Velvet Underground & Nico」の全曲を豪華アーティストがカバー。昨年亡くなったプロデューサーのHal Willner(ハル・ウィルナー)が監修・制作を担当。彼が手がけた最後のアルバムとなっています。

Courtney Barnettは、柔らかなボーカルと自由奔放なアコースティックリフのような特徴的なタッチが特徴の、スペアでフォークな曲の演出を行い、名曲をカバー。11月21日にリリース予定の3枚目のスタジオ・アルバム「Things Take Time, Take Time(シングス・テイク・タイム、テイク・タイム)」に先駆けて自身の新曲をリリースしている中での公開となりました。

今作への参加についてCourtney Barnettは「The Velvet Underground & Nicoが大好きです。「I’ll Be Your Mirror」を聴いて歌詞を読むと、この曲は完璧だと気が付きます。隅から隅まで共感できます。この曲の世界に入り込めるような気がしました。」コメントを寄せています。

Courtney Barnett

「I'll Be Your Mirror: A Tribute To The Velvet Underground & Nico」は9月24日にリリース。

■トラックリスト

1. Sunday Morning / Michael Stipe
2. I'm Waiting for the Man / Matt Berninger
3. Femme Fatale / Sharon Van Etten
4. Venus in Furs / Andrew Bird, Lucius
5. Run Run Run / Kurt Vile
6. All Tomorrow's Parties / St. Vincent, Thomas Bartlett
7. Heroin / Thurston Moore, Bobby Gillespie
8. There She Goes Again / King Princess
9. I'll Be Your Mirror / Courtney Barnett
10. The Black Angel's Death Song / Fontaines D.C
11. European Son / Iggy Pop, Matt Sweeney