マイケル・ブーブレが3月発売のニュー・アルバム『Higher』からの新曲「I'll Never Not Love You」のリリック・ビデオを公開

これまで複数のグラミー賞を受賞してきたスーパースターのMichael Bublé(マイケル・ブーブレ)が11枚目のスタジオ・アルバム 『Higher(ハイヤー)』 を3月25日にリリースすることを発表し、リードシングル「I'll Never Not Love You(アイル・ネヴァー・ノット・ラヴ・ユー)」をリリース。リリック・ビデオを公開しました。

Michael Bublé - I'll Never Not Love You - YouTube

マイケル・ブーブレの3年ぶりのスタジオ・アルバムとなる 『Higher』 では、Greg Wells(グレッグ・ウェルズ)、Bob Rock(ボブ・ロック)、Allen Chang(アレン・チャン)、Jason‘Spicy G' Goldman(ジェイソン・ゴールドマン)、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)がプロダクションを務めています。

この来たるべきアルバムには、Willie Nelson(ウィリー・ネルソン)との魔法のようなデュエット曲 「Crazy」 、ポール・マッカートニーの「My Valentine」並びに、ボブ・ディランの「Make You Feel My Love」を再現したカバー曲、そしてニュー・シングル 「I'll Never Not Love You」 を含むブーブレ自身が作詞した3曲のオリジナル曲、サム・クックの「Bring It On Home To Me」、「You're The First, The Last, My Everything」、「A Nightingale Sang in Berkeley Square」 を再解釈したトラックなどが収録。

また昨日は「I'll Never Not Love You」の公開タイミングに合わせ、「Ask Away With Michael Bublé」というタイトルの生配信も行いました。

Ask Away With Michael Bublé - YouTube

今作についてマイケル・ブーブレは、「今回のアルバム『Higher』では、新しいことに挑戦するために、自分を完全に解放したんだ。最も偉大な想像力を持つ音楽家たちと共に取り組みながら、僕は自分自身をより深く掘り下げた。 ライアン・テダー(Ryan Tedder)やグレッグ・ウェルズと一緒にのんびりと作曲をしたり、僕の友人でもあるボブ・ロック並びに15ヶ月ぶりにスタジオに集まった40人の素晴らしいミュージシャンたちと一緒に、1日に3曲をレコーディングしたり、気に入る曲が生まれた時には自宅のスタジオで下着姿で笑ったり泣いたり、踊ったりしたその全ての瞬間が魔法の様だった。まるで、これまでの全てがこの瞬間の為だったと思うくらい。アルバムを完成させた後に、これほど興奮したことはなかったよ。」と語っています。

アルバムのプロダクションに参加したグレッグ・ウェルズは、「マイケルは僕の素晴らしいダンス・パートナーなんだ。彼はよく僕を褒めたたえてくれますが、僕は新しいチームと取り組む為に信頼を寄せてくれた彼を大いに称賛したいよ。マイケルは間違いなく超人的なヒットメーカーだ。」とコメント。

マイケル・ブーブレの友人である同時にビジネス・パートナーでもあるボブ・ロックは、「マイケルはこれまでで一番の集中力と、インスピレーションを受けている姿を見せた。彼は自分がどんな曲を作りたいのかをちゃんと理解していて、明確なビジョンを持っていた。」と述べています。

ホッケー、ファンタジー・フットボール、TikTok、そして歌を愛するマイケル・ブーブレ。

そして、ノア(Noah)、イーライ(Eli)、ヴィーダ(Vida)3児の自慢の父である、ポップス界の貴公子が世界を癒しに帰って来ました。

Michael Bublé(マイケル・ブーブレ)Michael Bublé(マイケル・ブーブレ)

■作品情報

Michael Bublé『Higher』

Michael Bublé / マイケル・ブーブレ
アルバム『Higher / ハイヤー』
リリース日:2022年3月25日(金)全世界同時リリース
国内盤CD品番:WPCR-18501
2,600円(税抜)/2,860円(税込)
アルバムの予約 / 先行シングルのダウンロード/ストリーミングはこちら

■『Higher』トラックリスト
01. I'll Never Not Love You/アイル・ネヴァー・ノット・ラヴ・ユー
02. My Valentine/マイ・ヴァレンタイン
03. A Nightingale Sang in Berkeley Square/ア・ナイチンゲール・サング・イン・バークレー・スクエア
04. Make You Feel My Love/メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ
05. Baby I'll Wait/ベイビー・アイル・ウェイト
06. Higher/ハイヤー
07. Crazy (with Willie Nelson) /クレイジー(ウィズ・ウィリー・ネルソン)
08. Bring It On Home to Me/ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー
09. Don't Get Around Much Anymore/ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニモア
10. Mother/マザー
11. Don't Take Your Love From Me/ドント・テイク・ユア・ラヴ・フロム・ミー
12. You're the First, the Last, My Everything/ユーアー・ザ・ファースト、ザ・ラスト、マイ・エヴリシング
13. Smile/スマイル

先行シングル 「「I'll Never Not Love You」」
2022年1月28日(金)先行配信中
アルバムの予約 / 先行シングルのダウンロード/ストリーミングはこちら

■プロフィール

カナダ出身 1975年9月9日生まれ。
4歳の頃から、歌うことを始めて以来、歌声が止むことのなかったマイケル・ブーブレは、2005年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバム 『Michael Bublé』 をリリース。その後もリリースした 『Call Me Irresponsible』、『Crazy Love』、『To Be Loved』、『Christmas』 にて、マルチ・プラチナ認定を誇る。今までリリースされた彼のアルバムは、世界中で7,500万枚以上のセールスを記録している。
2011年にリリースされたホリデー・アルバム 『Christmas』 は、数十億の売上とストリーミング再生回数を獲得し、彼の歌声はホリデー・シーズンに欠かせない存在となった。2018年にリリースしたスタジオ・アルバム 『LOVE』 は、米ビルボード・チャート<TOP200>で1位を獲得。
そして、最もエキサイティングなパフォーマンスを披露するグローバル・ツアー・アーティストの一人としても有名なマイケル・ブーブレがここ数十年間、30ヵ国以上で行った公演は全てソールドアウトとなった。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。