ジェイムス・ベイが7月リリースの最新アルバムから新曲「Everybody Needs Someone」のリリック・ビデオを公開!この曲がみんなの歌になる理由とは?

まもなく7月8日に約4年ぶりとなるニュー・アルバム『Leap(リープ)』をリリースする、グラミー賞ノミネート及び本国イギリスではブリット・アワード受賞の経験もあるシンガー・ソングライター、James Bay(ジェイムス・ベイ)が同作から3曲目となる新曲「Everybody Needs Someone(エヴリバディ・ニーズ・サムワン)」のリリック・ビデオを公開しました。

James Bay - Everybody Needs Someone - YouTube

“みんな誰かが必要なんだ”というタイトル通り、誰かが自分のそばにいてくれることの大切さを歌った、ゴスペルすら彷彿とさせる壮大なコーラスが印象的な新たな名曲の登場。

実はこの曲、実際に書かれたのは2019年だそうで、この時期にジェイムス本人が自分自身に対して迷いや孤独を感じていて、そのことがこの曲になったそうです。コロナ禍を経て誰もが、孤独であることの辛さや誰かといることの幸福さを痛感したことで、この曲の想いは、彼のみのものからみんなのものへ変わることになるかもしれません。

プロデュースを務めたのは、スラッシュやブランディ・カーライル、そして映画『アリー/ スター誕生』の「オールウェイズ・リメンバー・アス・ディス・ウェイ ~2人を忘れない」ではレディー・ガガと共同プロデュースを務めたプロデューサー、デイヴ・コブ。イギリス人であるジェイムス・ベイのソングライティングとアメリカ的な音を作るデイヴ・コブとのコラボレーションが見事なケミストリーを生んでいます。

既にこのアルバムからは2曲のシングルが公開されており、壊れかけた友人との関係を何とかできないものかと希望する「ギヴ・ミー・ザ・リーズン」、ずっと連れ添ったパートナーについて歌った「ワン・ライフ」。そして「エヴリバディ・ニーズ・サムワン」。どの楽曲も、アメリカの作家、ジョン・バロウズの“跳べば、網は現れる”という言葉にインスパイアされ、“リープ(=跳ぶ)”というタイトルが今回のアルバムに付けられたということも納得のシングルとなっています。

James Bay(ジェイムス・ベイ)photo by Julian BroadJames Bay(ジェイムス・ベイ)photo by Julian Broad

■リリース情報

ジェイムス・ベイ「エヴリバディ・ニーズ・サムワン」

ジェイムス・ベイ「エヴリバディ・ニーズ・サムワン」
配信中

ジェイムス・ベイ『Leap』

アーティスト名:ジェイムス・ベイ / James Bay
アルバム・タイトル:リープ / Leap
2022年7月8日発売
日本盤CD UICU-1343 定価:2,860円(本体2,600円 税率10%)ボーナス・トラック2曲収録
リリース情報詳細

■『Leap』トラックリスト
1. ギヴ・ミー・ザ・リーズン
2. ノーホエア・トゥ・ゴー
3. セイヴ・ユア・ラヴ
4. エヴリワン・ニーズ・サムワン
5. ワン・ライフ
6. サイレント・ラヴ
7. ラヴ・ドント・ヘイト・ミー
8. ブリリアント・スティル
9. ライト・ナウ
10. ウィ・ユースト・トゥ・シャイン
11. エンドレス・サマー・ナイツ
12. ベター
13. ギヴ・ミー・ザ・リーズン(ストリップド・アコースティック)*
14. ワン・ライフ(アコースティック)*
* 日本盤ボーナス・トラック

■アーティスト情報
日本公式サイト
instagram
twitter
TikTok

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。