Johnny Orlandoが新曲「Daydream」のミュージック・ビデオを公開

カナダ出身の次世代シンガー・ソングライター、Johnny Orlando(ジョニー・オーランド)が新曲「Daydream(デイドリーム)」のミュージック・ビデオを公開しました。楽曲の内容で描かれているように、現実と夢の中を彷徨う恋心が描かれたミュージック・ビデオとなっています。

★Johnny Orlando - Daydream (Official Music Video)

Johnny Orlando - Daydream - YouTube

ジョニーは新曲「Daydream」について次のようにコメントを寄せています:

“「Daydream」は、アップテンポで、夏の自由な雰囲気を感じさせてくれる楽曲。この曲はあまりシリアスさを強調していないんだけど、これはまさにレコーディングしてた時に目指していたものなんだ。この楽曲の制作を通して、良い曲を作り、レコーディング自体を楽しみたかった。僕は、自分の感じるままにあらゆるタイプの音楽を作れるようになりたいと思っているんだ。どんなジャンルも好きだし、音楽的に感動を覚えることには何でも取り組む柔軟性も大好きだ”

また新曲「Daydream」のリリースを記念し、ジョニーはファンとのライブ配信企画を実施。ミュージック・ビデオには約16時間の撮影を要したことやもう少しでデビュー・アルバムが完成することなど、様々な質問に答えたイベントとなりました。

★LIVE with Johnny Orlando (Fan Chat & “Daydream” Video Premiere)!

LIVE with Johnny Orlando (Fan Chat & “Daydream” Video Premiere)! - YouTube

【楽曲情報】

ジョニー・オーランド「デイドリーム」

ジョニー・オーランド 新曲「Daydream」

試聴・購入はこちら

【ジョニー・オーランド アーティスト情報】

日本公式HP
海外公式HP
Instagram
Twitter
YouTube

【ジョニー・オーランド プロフィール】

2003年1月24日生まれ、カナダ・トロント出身のシンガー・ソングライター。本名はJohn Vincent Orlando。9歳から歌手活動をしており、これまでにリリースしてきた楽曲の総再生数は4億回を超え、Billboard、Variety、Teen Vogue、Just Jared Jr.、Tiger Beatなど多くの音楽・エンタメ系メディアからカナダ初の次世代シンガー・ソングライターとして注目され、高い評価を得ている。2019年に行われたMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードでは、2013年から2015年の3年をジャスティン・ビーバーが、2016年から2018年の3年をショーン・メンデスが受賞してきた最優秀カナダ・アクト賞を受賞。カナダのグラミー賞としても名高い音楽賞であるジュノー賞では、最優秀新人賞にノミネート。トロント出身の本格派シンガー・ソングライターということもあり、一部海外メディアからは「次のジャスティン・ビーバー」や「ネクスト・ショーン・メンデス」などの呼び名も挙げられている。弱冠18歳にして、ソーシャルメディア上の累計フォロワー数は2500万人を超えており、今まさに次世代カナダ人ミュージシャンの最前線に立つアーティストの1人。