マッケンジー・ジーグラーことケンジーが新曲「paper」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

TikTokのフォロワー数は2260万人、SNSの総フォロワー数は4300万人を抱える18歳の次世代シンガー・ソングライター兼インフルエンサー、Mackenzie Ziegler(マッケンジー・ジーグラー)ことkenzie(ケンジー)が新曲「paper」を1月13日(金)にリリース。ミュージック・ビデオも同日公開されました。

YouTubekenzie - paper - YouTube

Boni Mata(ボニ・マタ)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、タイトル“paper=紙“であるように、荒れたベッド・ルームや書斎、リビング・ルームで紙が吹き荒れる、切ない歌詞を体現化したインパクトのある内容に仕上がっています。

実は、2014年にリリースされたSia(シーア)の大ヒット・シングル「Chandelier(シャンデリア)」のミュージック・ビデオで独創的なダンスを披露し、一躍世界で有名になったマディ・ジーグラーの妹であるケンジー。子供時代から姉マディと一緒に人気リアリティ・ショーに出演したり、TikTokやYouTubeを中心にインフルエンサーとしても活動したりと、全米のティーンから絶大な人気を誇っています。

また、Spotifyで1億5000万回以上再生されたJohnny Orlando(ジョニー・オーランド)とのデュエット曲「What If (I Told You I Like You)」を歌唱しているのも彼女であり、マッケンジー・ジーグラーの名前で10代の頃から歌手活動もしていた実力派シンガー・ソングライターでもあります。

Hollywood Records移籍後、昨年10月にリリースされた「100 degrees」は、People誌、Teen VOGUE、E! Newsなど全米の大手メディアも大きく注目。そして、そこから勢いを落とすことなく、2023年初シングルとなる新曲「paper」は、愛する人が去っていくのをただ見つめることしかできない、心の痛みを完璧にとらえた失恋ソングとなっています。優しいサウンドに乗せて歌う「あの女の子は確かに完璧/だけどあなたに似合っているのは私」という感情むき出しの歌詞が印象的な曲となっています。

TikTokでティザー音源が投稿されると「元カレが他の女の子と一緒にいるのを見て、つい自分と比較してしまう感覚だ」と多くのファンからも共感を得ており、ケンジーは「息遣いや声の途切れまで聞こえてくるような、とてもリアルでな作品に仕上がったわ」と本作について語っています。

kenziekenzie

■商品情報

ケンジー「paper」

ケンジー
新曲「paper」
配信日:2023年1月13日
試聴・ダウンロードはこちら

■バイオグラフィー
ケンジーの自分を隠さず、主流の枠にはまらない魅惑的な音楽には、大きく感情をかき立てられる、生活感のあるリアルが詰まっている。18歳のシンガー・ソングライターである彼女は、自身の心の痛みや、不安などの苦悩について書くときも、すべての曲に彼女の持つ高い感受性を吹き込んでいる。彼女の人を引きつける存在感はSNSで多くの支持を集めている。しかし、ロサンゼルスを拠点とする彼女が、「本当の自分」を曲にする勇気を持つには、何年にもわたる自己発見と地道な自信の積み重ねが必要だった。彼女は自身の音楽についてこう語る。
「若い頃、曲作りのセッションで、私はアーティストなのに、自分自身の意見は重要とされていないと感じていた。その経験から、自分で作った曲を世に出したいと思うようになったわ。私の曲で、私が伝えることに対して、人々が共感してくれるような気がしたし、それが誰かの何かしらの助けになるかもしれないと思ったの。」

■リンク
ミュージック・ビデオはこちら
日本公式アーティストHP

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事