【全英シングルチャート】2022年最後の週はワム!「Last Christmas」が1位に返り咲き!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

週末に発表された最新の全英シングルチャート、WHAM!(ワム!)「Last Christmas」がランクアップで今季2度目の1位を獲得。通算3週目の首位となりました。

YouTubeWham! - Last Christmas - YouTube

2位はMariah Carey(マライア・キャリー)「All I Want For Christmas Is You」。3位はEd Sheeran(エド・シーラン)Elton John(エルトン・ジョン)の「Merry Christmas」がランクイン。今季もトップ3入りを果たしました。

YouTubeMariah Carey - All I Want For Christmas Is You - YouTube

YouTubeEd Sheeran & Elton John - Merry Christmas - YouTube

4位はBrenda Lee(ブレンダ・リー)「Rockin' Around The Christmas Tree」がランクアップで最高位を更新。5位はStormzy(ストームジー)「Firebabe」がランクアップでこちらも最高位を更新。クリスマス・ソング以外の楽曲では今週唯一のトップ10入りとなっています。

YouTubeBrenda Lee - Rockin' Around The Christmas Tree - YouTube

YouTubeSTORMZY - FIREBABE - YouTube

6位はMichael Bublé(マイケル・ブーブレ)「It's Beginning to Look a Lot Like Christmas」が先週11位からランクアップでトップ10に返り咲き。7位はBobby Helms(ボビー・ヘルムズ)「Jingle Bell Rock」が先週14位からのランクアップで、リリースから65年の時を経て初のトップ10入り。同時にボビー・ヘルムズにとって初の全英チャートでのトップ10入りを果たしました。

YouTubeMichael Bublé - It's Beginning to Look a Lot Like Christmas - YouTube

YouTubeBobby Helms - Jingle Bell Rock - YouTube

8位にはLizzo(リゾ)のAmazon Music Originalとして限定リリースされたStevie Wonder(スティービー・ワンダー)の1966年のクリスマス・ソング「Someday at Christmas」がランクイン。

9位にはThe Pogues(ザ・ポーグス)「Fairytale of New York(邦題:ニューヨークの夢)」がランクアップで再びトップ10入り。10位にはAndy Williams(アンディ・ウィリアムス)「It's The Most Wonderful Time Of The Year」が昨年に続き2年連続でトップ10入りを果たしました。

YouTubeThe Pogues - Fairytale Of New York - YouTube

YouTubeAndy Williams - It's The Most Wonderful Time Of The Year - YouTube

2022年最後の全英チャートはストームジーを除く9曲がクリスマス・ソングとなりました。トップ10以下は先週6位から13位にランクダウンとなったロンドンを拠点とするシンガーソングライター、RAYE(レイ)がニュージャージー出身のラッパー、070 Shake(070シェイク)を迎えた「Escapism」以外30位までがすべてクリスマス・ソングという結果となっています。

YouTubeRAYE - Escapism. feat. 070 Shake - YouTube

参考情報:Official Singles Chart Top 100

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事