インディーロックバンド、ラスト・ダイナソーズが新曲「N.P.D」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

オーストラリアでデビューアルバムが初登場2位を記録、彗星の如く現れたインディーロックバンド、Last Dinosaurs(ラスト・ダイナソーズ)が昨年11月にリリースしたEP『RYU』の続編的シングル「N.P.D」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Last Dinosaurs – N.P.D – YouTube

1000年先の未来 – 3023年 – 人工知能が革命を起こす時代に突入した地球を舞台にした最新EP『RYU』。その続編的な作品としてリリースされた今作は、人間のいやらしさや陰謀をラスト・ダイナソーズ独特の視点で描いた5分31秒のオーディオシネマ。

イントロから3分半までヒップホップ調のドラムパターンの上に、彼ららしいポップなメロディーが重なり、曲の内容とは反対に爽やかで軽快な楽曲として成立しています。

一方で、楽曲の再生が終わるとすぐに少年とAIの無機質な会話を思わせる実験的音楽が。

「ビーチボーイズってどう思う?僕はサウンドが好きなんだ。なんか流せる?」

そんな少年の一言で一瞬にして60年代にワープしたかのような楽曲が再生されます。キャスキー兄弟の兄・ショーンが小さい頃から好きなThe Beach Boys(ザ・ビーチ・ボーイズ)の重厚なコーラスワークを彷彿とさせるサウンド。もはや音楽という域を超えた展開を1曲で味わえる、謂わばオーディオ・シネマが完成しました。

公開されたミュージック・ビデオはshun mayamaが監督を務め日本で撮影されており、3人が色違いの服装で並び歌う様子をベースに新宿LOFTでのパフォーマンスや、インテグラタイプRを走らせる描写などが盛り込まれています。

昨年は、同郷出身のインディーポップバンド Vacations との全米対バンツアーを成功させ、ますます勢いに乗るラスト・ダイナソーズ。リリース毎に想像を超える物語と細かい演出でリスナーを惹きつける彼らの【1000年後の物語】に注目となります。

Credit Andre CoisCredit Andre Cois

■商品情報

Last Dinosaurs「N.P.D」

Last Dinosaurs(ラスト・ダイナソーズ)
N.P.D(エヌ・ピー・ディー)
ASTERI ENTERTAINMENT
ストリーミング&ダウンロード

■プロフィール
オーストラリアと日本の血を引くLachlan Caskey(ロクラン・キャスキー)(Gt.)、Sean Caskey(ショーン・キャスキー)(Vo.)兄弟、そしてMichael Sloane(マイケル・スローン)(Ba.)の3人からなる、オーストラリアのインディーロックバンド “Last Dinosaurs(ラストダイナソーズ)”
2012年にリリースされたファースト・アルバム『In A Million Years』は、オーストラリアのARIAチャートで初登場8位を記録し、大きな注目を集めた。このアルバムの成功によりオーストラリア全土のライブをソールドアウトにし、イギリス、ヨーロッパ、東南アジア、南アフリカで大規模なヘッドラインツアーとフェスへの出演を果たした。
2015年には『Wellness』、そして待望の3rdアルバム『Yumeno Garden』をリリースし、再び人々の心を掴みにする。
2018年12月、初のUSツアーを発表し、LAの第1弾公演はチケット販売開始1分以内にソールドアウト!その後すぐに全米で17公演がソールドアウトに。
Webster Hall、Fonda Theatre、The Fillmoreなどの有名な会場で21日間のヘッドラインツアーを含むアメリカとカナダの2つのソールドアウトツアーも行った。その後、バンドはイギリスとEUに渡り、パリ、ベルリン、アムステルダム、ロンドンでの2日間のツアーをソールドアウトにし、東南アジアでの公演も大成功を収めた。
また、Last Dinosaursは、Foals、Matt & Kim、Lost Valentin、Foster the Peopleなどといった国際的なアーティストをサポート。対バンやフェスでの共演も数多く、グローバルに活躍している。
2020~21年はパンデミックの制約でツアーができなくなり、バンドはメキシコとオーストラリアのスタジオに入り作曲とレコーディングを行い、4thアルバムとなる『From Mexico With Love』を2022年11/4(金)にリリース。
またルーツだけでなく、日本の音楽シーンとも関わりが深い。
2014年にはThe fin.の日本国内リリースツアーへゲスト参加。2021年にはオカモトショウ(OKAMOTO’S)のソロアルバムにフィーチャリングで参加。そして2022年9月〜10月に開催されたOKAMOTO’Sとの日本国内対バンツアーは大成功のうちに幕を閉じた。
2022年から23年にかけて世界各地でツアーとフェスでの公演を行い、
さらに同郷出身のインディーポップバンド Vacations との全米対バンツアーを成功させた。
Last Dinosaursの今後の動向から目が離せない!

■リンク
Website
Facebook
Instagram
YouTube
X
Spotify
Apple Music

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事