アイスランド出身、弱冠23歳のシンガーソングライター、レイヴェイが爽やかなボサノバ調の新曲「Falling Behind」の音源を公開

世界中の大物アーティストがこぞって注目するシンガーソングライター、Laufey(レイヴェイ)が、爽やかなボサノバ調の新曲「Falling Behind(フォーリング・ビハインド)」をリリースし、音源を公開しました。

Laufey - Falling Behind - YouTube

今作はジャズやクラシックに影響を受けた落ち着きのある“Laufeyサウンド”に愛らしい歌詞をのせた、サマーアンセム。

今作についてレイヴェイは、「この曲を書いたのは、私の周りの人たちみんなが恋をしているように感じて、自分だけ遅れているように感じずにはいられなかったからなの!ボサノバからインスピレーションを受けたモダンな雰囲気のこの曲は、脈のないロマンチストのサマー・アンセムになったわ。」と本人がコメント。自身のインスタグラムでは双子の妹と共に新曲をアピールしています。

自由なスキャットと落ち着いたヴォーカルスタイルの世代を超えた歌声。ジャズやクラシックに、ベッドルームポップ的なポップスやR&Bの感覚を取り入れたサウンド。彼女にしか生み出せない“Laufeyサウンド”は必聴。

8月26日(金)にはデビュー・スタジオ・アルバム『Everything I Know About Love(エヴリシング・アイ・ノウ・アバウト・ラヴ)』のリリースも決定しており、日本初リリースのシングルとなった同タイトルの「Everything I Know About Love」、映画音楽に影響を受けた「Fragile」、そして未来の恋人へ向けたドラマチックなバラード「Dear Soulmate」も収録される予定です。

Laufey - Everything I Know About Love - YouTube

Laufey - Fragile - YouTube

Laufey - Dear Soulmate - YouTube

Laufey Credit by Gemma WarrenLaufey Credit by Gemma Warren

■商品情報

Laufey「Falling Behind」

Laufey「Falling Behind」
レイヴェイ「フォーリング・ビハインド」
ASTERI ENTERTAINMENT
ストリーミング&ダウンロード

■プロフィール
アイスランドと中国の血を引く23歳のシンガーソングライター、チェリスト、ギタリスト、ピアニスト。
その見た目や年齢からは想像できないような、低音の響きが心地よい大人びた歌声で、クラシックとジャズのサウンドにポップな感覚を取り入れた、彼女独自のサウンドで楽曲を作っている。幼い頃からクラシック音楽の教育を受けた中国人バイオリニストの母と、ジャズ好きのアイスランド人の父の影響を受けたLaufey。自由なスキャットと落ち着いたヴォーカルスタイルで、現代の聴衆が共鳴するクラシックサウンドを蘇らせる。
2021年、EP『Typical of Me』でデビュー。
その年齢や可愛らしい見た目からは想像できない深みのある歌声が、Billie Eilish、BTSのV、Willow Smithら世界中の大物アーティストに届き、日本でもラジオパワープレイやWebニュースにピックアップされ、多くのリスナーの耳にその歌声が届いた。

■リンク
Website
Twitter
Instagram
TikTok
YouTube
Facebook

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。