ディズニープラス「スター」で5/8より独占配信『ザ・ビートルズ: Let It Be』トレーラー・ビデオがビートルズの公式YouTubeにて公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」にて2024年5月8日より独占配信される、The Beatles(ザ・ビートルズ)の解散までの歩みを描いたマイケル・リンゼイ=ホッグ監督の1970年製作のドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ: Let It Be』のトレーラー・ビデオがビートルズの公式YouTubeにて公開となった。

YouTubeLet It Be Official Trailer – YouTube

今作はビートルズが1969年1月に行ったセッション(ゲット・バック・セッション)と、彼らの最後のライブ・パフォーマンスとなった「ルーフトップ・コンサート」の模様を記録した、ドキュメンタリー映画。映画の当初の目的は、ビートルズのリハーサルとライブ演奏を見せることであった。しかし、メンバーの心はバラバラに分かれ始め、結果的に本作は解散に向かうビートルズの姿を記録するものとなった。

2021年に配信された『ザ・ビートルズ: Get Back』を受けて、『レット・イット・ビー』を求めるファンの声は最高潮に達した。そこでアップル社はピーター・ジャクソンのパーク・ロード・ポストプロダクションに、オリジナルの16mmネガからフィルムを細部まで丁寧に修復するよう依頼。これには、『ザ・ビートルズ: Get Back』で使用されたものと同じMALデミックス技術を使用してサウンドを丁寧にリマスターすることも含まれている。日本ではタイトルを『ザ・ビートルズ: Let It Be』と改め、配信が決定した。

■作品情報
タイトル:『ザ・ビートルズ: Let It Be』(原題:Let It Be)
出演:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ビリー・プレストン(特別出演)
監督:マイケル・リンゼイ=ホッグ
プロデューサー:ニール・アスピノール
エグゼクティヴ・プロデューサー:ザ・ビートルズ
撮影監督:アンソニー・B・リッチモンド
コピーライト:© 2024 Disney and its related entities

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事