テイラー・スウィフト「Love Story (Taylor’s Version)」がCMTミュージック・アワードで最優秀トレンディング・カムバック・ソング賞を受賞

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

カントリー・ミュージックのミュージック・ビデオおよびテレビ演奏の、ファン投票による賞および授賞式、CMTミュージック・アワードにて、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の「Love Story (Taylor’s Version)(ラヴ・ストーリー:テイラーズ・バージョン)」が最優秀トレンディング・カムバック・ソング賞(Trending Comeback Song of the Year)を受賞しました。

Taylor Swift – Love Story (Taylor’s Version) – YouTube

最優秀トレンディング・カムバック・ソング賞(Trending Comeback Song of the Year)は過去の作品がTikTokなどをきっかけにバイラルトレンドとなり再び脚光を浴びた作品に贈られる賞として新設。再レコーディングとは言え「Love Story」は最優秀女性ビデオ賞、最優秀ビデオ賞を獲得した2009年以来13年ぶりの受賞となりました。

テイラー・スウィフトはその他Chris Stapleton(クリス・ステイプルトン)を迎えた「I Bet You Think About Me (Taylor’s Version) (From The Vault)」が最優秀ビデオ賞にノミネートされていましたが、Jason Aldean(ジェイソン・アルディーン)とCarrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)の「If I Didn’t Love You」が受賞しています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事