ショーン・メンデスがワニのライルの歌唱を担当!『Lyle, Lyle, Crocodile(原題)』サウンドトラックに提供した楽曲のリリック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

アメリカにて公開中のソニー・ピクチャーズの実写/CGIミュージカル映画『Lyle, Lyle, Crocodile』のオリジナル・サウンドトラックがリリースされ、Shawn Mendes(ショーン・メンデス)が、映画のエンドタイトルに登場する新曲「Heartbeat」を含む提供した楽曲のリリック・ビデオを公開しました。

YouTubeHeartbeat (From the Lyle, Lyle Crocodile Original Motion Picture Soundtrack) – YouTube

本作はバーナード・ウェーバーの児童書『ワニのライルのおはなし』シリーズを映画化。アカデミー賞受賞者ハビエル・バルデム、コンスタンス・ウー、ショーン・メンデス主演のこの作品は、バーナード・ウォーバーのベストセラー本シリーズを基にした実写/CGIミュージカル映画で、この愛されるキャラクターを世界中の新しい観客に届けます。ショーン・メンデスはライルの声を担当。

YouTubeLYLE, LYLE, CROCODILE – Official Trailer – YouTube

サウンドトラックは、ショーン・メンデスに加え、オスカー受賞コンビのBenj Pasek(ベンジ・パセク)とJustin Paul(ジャスティン・ポール)が作曲し、Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)、Elton John(エルトン・ジョン)、さらに共演のConstance Wu(コンスタンス・ウー)、Javier Bardem(ハビエル・バルデム)、Anthony Ramos(アンソニー・ラモス)が参加しています。

Shawn MendesShawn Mendes

■ リリース情報

『Lyle, Lyle, Crocodile』

タイトル:『Lyle, Lyle, Crocodile』
絶賛発売中
発売元:Universal Music
デジタル配信URL

■ リリック・ビデオ
Heartbeat
Carried Away
Top Of The World
Take A Look At Us Now
Rip Up The Recipe

■ 『Lyle, Lyle, Crocodile』トラックリスト
1. Top of the World (Shawn Mendes)
2. I Like it Like That (Pete Rodriguez)
3. Take a Look at Us Now (Javier Barden & Shawn Mendes)
4. Heartbeat (Shawn Mendes)
5. Bye Bye Bye (Claire Rosinkranz)
6. Sir Duke (Stevie Wonder)
7. Rip Up the Recipe (Shawn Mendes & Constance Wu)
8. We Made It (Anthony Ramos)
9. Steppin’ Out (The Gap Band)
10. Take a Look at Us Now – Reprise (Javier Barden & Shawn Mendes)
11. Express Yourself (Charles Wright & The Watts 103rd St. Rhythm Band)
12. Take a Look at Us Now – Lyle Reprise (Shawn Mendes)
13. Carried Away (Shawn Mendes)
14. Take a Look at Us Now – Finale (Shawn Mendes, Winslow Fegley, Lyle, Lyle Crocodile Ensemble)
15. Crocodile Rock (Elton John)

■ショーン・メンデス:プロフィール
カナダのトロント出身、1998年8月8日生まれのシンガー・ソングライター。
2018年に発売した3rdアルバム『Shawn Mendes(ショーン・メンデス)』は80ヵ国の国と地域でiTunes1位を獲得、全米アルバム・チャート(Billboard 200)でも1位を獲得し、2015年のデビュー・アルバム『Handwritten(ハンドリトゥン)』、2016年2ndアルバム『Illuminate (イルミネイト)』に続き、3作連続でアルバム首位を得た史上3番目に若いソロ・アーティストとなった。第61回グラミー賞では2部門にノミネート(年間最優秀楽曲:「In My Blood」、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム:『Shawn Mendes』)され、第62回グラミー賞では、カミラ・カベロとコラボした楽曲「Señorita」が最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)にノミネートされた。同楽曲はSpotifyにて「男性&女性デュエット曲として史上最大の初日再生回数」を記録し、同グローバル・チャートおよび21ヵ国で1位を獲得。iTunesでは69ヵ国で1位を獲得した大ヒット・シングルとなった。
世界中で合計2000万枚以上のアルバム、1億7500万枚のシングルの売り上げ枚数を記録し、310億回以上のストリーム数と80億回以上のYouTube視聴数も記録しているショーン。2回のワールドツアーでは、100万枚以上のチケットをソールド・アウトさせた。ニューヨークのマディソンスクエアガーデンやロンドンのO2アリーナなどのスタジアムやアリーナで、数分でチケットが完売になったとか。
アーティストとしてだけではなく、ソーシャル・アイコンとしても影響力は絶大で、TIME誌「世界で最も影響力のある100人」「最も影響力のあるティーン30人」、米ビルボード誌「21歳以下の21人」(2017年、2018年)、Forbes誌「30歳以下の30人」)に選ばれ、2018年2月にはROI Influencer Mediaというインフルエンサー・リサーチ・メディアの「ソーシャル・メディアにおいて最も影響力のあるアーティスト」と「ソーシャル・メディアにおいて最も影響力のある10代」で1位となっている。
2019年、ショーンは「ショーン・メンデス財団」を設立。ショーンのファンたちがそれぞれの人生において活躍の場をもっと増やせるようにと、インスピレーションに満ちた若いリーダーの声やメッセージを広げるための支援をしている。この財団を通して、ショーンは環境保全のため中古の楽器や機材の売り買いを仲介する非営利環境組織「REVERB」や小児患者が入院する病院に協力しポジティブな変化をもたらす活動を行っている「SickKids」などの組織と共に、コミュニティ・サービスにも尽力している。
彼の4枚目のアルバム『Wonder(ワンダー)』は2020年12月4日(金)にリリース。

■リンク
ショーン・メンデス公式HP (日本)
ショーン・メンデス公式Twitterアカウント (日本)
ショーン・メンデス公式LINEアカウント (日本)
ショーン・メンデス公式インスタグラム(海外)

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事