ナッシング・ノーホェアが新作アルバム『Void Eternal』配信スタート!アンダーオースを迎えた「VEN0M」のミュージック・ビデオも公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ヴァーモント出身のラッパー/シンガーソングライター/プロデューサー、Joe Mulherin(ジョー・ムルハリン)によるソロ・プロジェクト、nothing, nowhere.(ナッシング・ノーホェア)が、新作アルバム『Void Eternal(ヴォィド・エターナル)』を2023年3月31日(金)に配信スタート。これまでリリースした作品で最もヘヴィーでダークなアルバムとなり、全12曲が収録されています。

オルタナティヴ・ロックからポップ、エレクトロにラップ、そしてパンクを融合させてエモくポップなジャンルレス・サウンドに、精神不安や人生の苦しみをテーマにした歌詞で同世代の共感と支持を集めている彼が、自らを作り上げたというLINKIN PARKを始めとする2000年代のミュージック・シーンを取り込み、ダークな世界を作り上げ、同じFueled By Ramenのレーベル・メイトであるFall Out BoyのPete Wentzや、Lorna ShoreのWill Ramosなど多彩なゲストとコラボレーションした名楽曲が収録されています。

同時にアルバムに収録されているUNDEROATH(アンダーオース)を迎えた楽曲「VEN0M(ヴェノム)」のミュージック・ビデオが公開され、アンダーオースのAaron GillespieとSpencer Chamberlainと共演しています。

YouTubenothing,nowhere. – VEN0M (FT. UNDEROATH) – YouTube

「VEN0M」についてジョー・ムルハリンは、「「VEN0M」は、メンタルに非常に悪影響がある関係についての楽曲である、パートナーからの悪影響のみならず、自分の悪い習慣やネガティブ思考などからも、自分が自分を苦しめている関係性についてなんだ。 この曲はLAでパーティーに参加した後に書いたことを未だにはっきり覚えている。しらふで、非常に内向的で人見知りな性格だったから、あの時はとても辛い時期だったよ。のけ者にされている気分で、あらゆる方向から自分自身をせめていたんだ。昔から集団に馴染むのが苦手で、あの時も自分が13歳だったころの気分に陥ってしまい、不安な気持ちになっていた。この考え方や思いは世界共通の悩みであり、この性格はキミがユニークな存在であることの証であることだと皆に知ってほしい。」と語っています。

Photo by JONATHAN WEINERPhoto by JONATHAN WEINER

■アルバム情報

nothing, nowhere.『Void Eternal』

アーティスト:nothing, nowhere. / ナッシング・ノーホェア
トラック:Void Eternal / ヴォィド・エターナル
リリース:2023年3月31日(金)
ストリーミング/ダウンロード

■『Void Eternal』トラックリスト
1. ANX13TY
2. TRAG3DY (FT. WILL RAMOS OF LORNA SHORE)
3. PSYCHO_PSYCHIATRY (FT. SEEYOUSPACECOWBOY)
4. CHR0MAKILL3R
5. SUICIDE_PACT
6. THIRST4VIOLENCE (FT. FREDDIE DREDD & SILVERSTEIN)
7. CYAN1DE (FT. PETE WENTZ)
8. ER4SER
9. F0RTUNE_TELLER (FT. STATIC DRESS)
10. M1SERY_SYNDROME (FT. BUDDY NIELSEN OF SENSES FAIL)
11. VEN0M (FT. UNDEROATH)
12. MEMORY_FRACTURE

■リンク
オフィシャルサイト
Instagram
Twitter
Facebook
YouTube
Warner Music Japan

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事