エアロスミス最古のリハーサル音源、本日日本盤CD発売。6/17よりラスベガス・レジデンシー公演開催

結成50周年を記念して、Aerosmith(エアロスミス)最初期の音源の1つである『1971: ザ・ロード・スターツ・ヒア』の日本盤CDが本日発売となりました(デジタル・輸入盤は4月8日に発売)。

Aerosmith(エアロスミス)Photo by R. AgriopoulosAerosmith(エアロスミス)Photo by R. Agriopoulos

1971年に録音されたこの貴重な音源は、エアロスミスのアーカイブ保管庫〈ヴィンダルー・ヴォールツ〉で最近になって発見されたもの。元々は2021年の〈レコード・ストア・デイ〉(RSD)に合わせて、カセットテープとアナログ盤レコードのみで限定発売されていました。高い人気を集めたこのRSD限定版は即座に完売し、入手困難となったものの、全米ビルボード200にチャートインを果たし、トップ・ハードロック・アルバム・チャートで2位、トップ・ロック・アルバム・チャートで12位、アナログ・アルバム・チャートで13位、トップ・アルバム・セールス・チャートで19位を記録しています。

このアルバムについては、海外メディアによる絶賛のレビューも届いています。
「…バンドは粗削りだが、タイトでまとまりのある集団として機能しており、思いのままに曲を操っている。そしてこの1971年の時点ですら、スティーヴン・タイラーはスティーヴン・タイラーであり、叫び、吠え立て、甲高い声を上げ、ハーモニカでむせび泣きながら、急速に第一級のリード・シンガーになろうとしていた。彼らは既に偉大だったのだ」(ヴァラエティ誌)
「微かにヒスノイズの入ったこのサウンドチェックを聴いて最も衝撃的だったのは、最初から彼らがどれほど完成され、どれほど練り上げられていたかということだ」(フラッド誌)

画期的な発見となったこの初期音源は、ジョー・ペリーが持っていたウォレンサック社製のオープンリール式テープレコーダーを使い、かの悪名高い移動バンの所有者であり、エアロスミスのロードクルー役を一人で切り盛りしていたマーク・リーマンが1971年に録音したもの。ここで聴けるのは、ボストンにあったエアロスミスのリハーサル・ルームで数人の選ばれた友人達を前に披露した演奏か、もしくは初期ライヴのサウンドチェック中にバンドが行ったリハーサルの様子。とにかく確実に言えるのは、ハングリー精神溢れる若きロック・バンドがコロンビア・レコードに見出されて契約を交わす1年前、そして彼らを史上最大級のロック・バンドへと押し上げる躍進のきっかけとなったメジャー・デビュー作『野獣生誕(原題:Aerosmith)』がリリースされる2年前のその姿が、このテープに収められているということ。本作のプロデュースを手掛けたのは、スティーヴン・タイラー、ジョー・ペリー、スティーヴ・バーコウィッツとなっています。

『1971: ザ・ロード・スターツ・ヒア』には、未公開アーカイブ写真やオリジナル・カセットテープのレーベル画像が装丁に使用されているのに加え、ローリング・ストーン誌のデイヴィッド・フリックが執筆したライナーノーツには、長い間忘れられていたこの音源についてバンドが語った新たなインタビューやコメントを掲載。

日本盤のみSHM-CD仕様で、デイヴィッド・フリックによる英文ライナーノーツの全訳も掲載。本アルバムに参加しているのは、エアロスミスのオリジナル・メンバーと現役メンバー、つまり、スティーヴン・タイラー(vo)、ジョー・ペリー(g)、トム・ハミルトン(b)、ジョーイ・クレイマー(ds)、ブラッド・ウィットフォード(g)といった面々。この歴史的音源には、後に正式な形でレコーディングされ、1973年のメジャー・デビュー曲となった「ドリーム・オン」の初期ヴァージョンを含む、7曲の驚くべきトラックを収録。未来の〈ロックの殿堂〉入りメンバー達がキャリア初期に発揮していた、奔放な才能がそこに示されています。

エアロスミスは、最初の発表から半世紀近くを経た後、同じ曲で再チャートインを果たした数少ないバンドの一つで、「ドリーム・オン」は、1973年に全米ビルボード・ホット100で59位を記録するヒットとなった後、2020年には再びハードロック・ストリーミング・ソング・チャートで4位を記録しています。

Aerosmith - Dream On (Live - HD Video) - YouTube

本作には他にも、「サムバディ」「ムーヴィン・アウト」「ウォーキン・ザ・ドッグ」「ママ・キン」など、どれも後に彼らの画期的デビュー・アルバムに収録されることになる珠玉の楽曲群の初期音源を収録。さらに『1971: ザ・ロード・スターツ・ヒア』は、後に1979年のアルバム『ナイト・イン・ザ・ラッツ(原題:Night In The Ruts)』に収録された「リーファー・ヘッド・ウーマン」や、1986年にリリースされた『ライヴ・クラシックス(原題:Classics Live)』収録の「メジャー・バーバラ」等も含まれています。

エアロスミス『1971: ザ・ロード・スターツ・ヒア』LPエアロスミス『1971: ザ・ロード・スターツ・ヒア』LP

結成50周年記念の一環として、グラミー賞を4度受賞しダイヤモンド認定を受けたロック界のレジェンド、エアロスミスが、2022年6月17日(金)より〈ドルビー・ライヴ・アット・パークMGM〉にて、再びラスベガス・レジデンシー公演『エアロスミス:デューシズ・アー・ワイルド(DEUCES ARE WILD)』を行うと発表。この驚くべきショーは、〈ドルビー・ライヴ〉においてドルビーアトモスの音響で提供される最初のライヴ・コンサート体験となります。〈ドルビー・ライヴ〉は、ドルビーアトモスでライヴ音楽を楽しむための世界最先端技術を駆使したパフォーマンス会場のひとつ。同公演のチケットは、こちらからオンライン購入が可能。全公演とも午後8時に開始予定となっています。

■エアロスミス:デューシズ・アー・ワイルド
2022年6月:17日、20日、23日、26日、29日
2022年7月:2日、5日、8日
2022年9月:14日、17日、20日、23日、26、29日
2022年10月:2日、5日
2022年11月:19日、23日、26日、29日
2022年12月:2日、5日、8日、11日

公演が始まる中で、ドラマーであるジョーイ・クレイマーの一時的な離脱についても発表されており、その間、ジャック・ダグラスが再び参加するようです。

エアロスミス Photo by Zack Whitfordエアロスミス Photo by Zack Whitford

■商品情報

エアロスミス『1971: ザ・ロード・スターツ・ヒア』

エアロスミス『1971: ザ・ロード・スターツ・ヒア』
Aerosmith - 1971: The Road Starts Hear
2022年4月20日(水)発売
CD品番: UICY-16056
価格: 2,750円(税込)
日本盤のみSHM-CD仕様
購入はこちら

■収録曲
1. イントロ Intro
2. サムバディ Somebody
3. リーファー・ヘッド・ウーマン Reefer Head Woman
4. ウォーキン・ザ・ドッグ Walkin’ The Dog
5. ムーヴィン・アウト Movin’ Out
6. メジャー・バーバラ Major Barbara
7. ドリーム・オン Dream On
8. ママ・キン Mama Kin

■リンク
ユニバーサル ミュージック エアロスミス アーティスト・ページ
Twitter
Facebook
Instagram
YouTube

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。