The OffspringがEP『Gone Away』をサプライズ・リリース!「Gone Away Alternative 2021」の音源が公開

アメリカを代表する伝説的存在ロックバンド、The Offspring(オフスプリング)がEP『Gone Away』をサプライズ・リリース。EPから「Gone Away Alternative 2021」の音源が公開されました。

The Offspring - Gone Away Alternative 2021 - YouTube

1997年にリリースされたシングル「Gone Away」は、バンドの中で最もリクエストが多く、歌詞が響く曲の一つとなっています。今年発表された新作アルバム『Let The Bad Times Roll』のリリースにあたり、バンドはこの曲を再レコーディングし、曲の持つ厳粛な性質と、長年にわたってライブで演奏されてきた方法を反映させました。

The Offspring - Gone Away - YouTube

このEP『Gone Away』には、『Let The Bad Times Roll』のセッション中に録音されたものの、最終的にはアルバムには収録されなかった「Alternative 2021」を含む別バージョンも含まれています。

シンガーのデクスター・ホランドの身近な人の死を悼むこの曲は、世界的な新型コロナウィルスのパンデミックによる死への追悼とその闘病の中で、新たな意味が見出されました。当初はラジオ・シングルではありませんでしたが、アルバム発売後、米国の放送局ではこの曲を“追悼曲”として自然発生的に番組でオンエアされており、多くの放送局から「『この曲が心に響いた』という電話が殺到している」との報告が届いているようです。

デクスターからのメッセージ:「この「Gone Away」は、このアルバムのために全く違う方法でレコーディングしたかった曲だ。ライブではこのバージョンを演奏してきたけど、このアレンジは曲をよりダイレクトに、よりエモーショナルにしてくれると感じていた。私たちはこのやり方で演奏するのが大好きなんだ。皆も気に入ってもらえると嬉しいね。」

The Offspring(オフスプリング)photo by Daveed BenitoThe Offspring(オフスプリング)photo by Daveed Benito

■リリース情報

オフスプリング『Gone Away』

EP 『Gone Away』
2021年11月12日 デジタル配信
試聴/購入リンク

■トラック・リスト

1. Gone Away (2021)
2. Gone Away (Live 2021)
3. Gone Away (Alternative 2021)
4. Gone Away (1997)

オフスプリング『LET THE BAD TIMES ROLL』

最新アルバム『Let The Bad Times Roll』 
発売中
品番: UICB-10003 /税込価格 : 3,300円
(日本盤内容:デクスター&ヌードルズによる公式インタビュー翻訳、歌詞・対訳付/日本盤ボーナス・トラック2曲収録)
試聴/購入リンク

■日本盤収録トラック・リスト

1. This Is Not Utopia
2. Let The Bad Times Roll
3. Behind Your Walls
4. Army of One
5. Breaking These Bones
6. Coming For You
7. We Never Have Sex Anymore
8. In The Hall of the Mountain King
9. The Opioid Diaries
10. Hassan Chop
11. Gone Away
12. Lullaby
13. Guerre Sous Couvertures (日本盤ボーナス・トラック) 
14. The Opioid Diaries (LIVE) (日本盤ボーナス・トラック)

■バイオグラフィー

南カリフォルニアのパンク・ロック・シーンのレジェンドであり革新者であるオフスプリングは、1984年に行われたソーシャル・ディスト―ションのライブでの熱狂の後、当日高校生で親友であったデクスターとグレッグがカリフォルニア州、オレンジ・カウンティのガーデングローブにて自分達でもバンドを始めることを決意しスタートする。自分達のレーベルBlack Labelからデビューシングルのアナログ盤『I’ll Be Waiting” b/w “Blackball』を1,000枚プレスしてから、100万枚のヒット作品まで、オフスプリングの作品の全世界セールスは4,000万枚以上を記録している。現在バンドは、シンガーのデクスター・ホランド、ギタリストのヌードルズ、ドラマーのピート・パラダ、新ベーシストのトッド・モースの4人となっている。10作目の最新作『Let The Bad Times Roll』は全米ビルボード・オルタナティブ・アルバム・チャートで初登場1位、また、全英チャートではバンドにとってキャリア史上最高位の初登場3位を記録。

■リンク
アーティスト日本公式サイト