SUM 41が最後のスタジオ・アルバム『Heaven :x: Hell』をリリース!収録曲から新たに「Dopamine」のミュージック・ビデオが公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

1996年からの活動に終止符を打ち、最後のアルバムとワールドツアーをもって解散することを5月に自身のSNSで発表したカナダ出身のハードコア&メロディック・パンク・バンド、Sum 41(サム・フォーティーワン)が最後のスタジオ・アルバム『Heaven :x: Hell』をリリース。収録曲から新たに「Dopamine」のミュージック・ビデオが公開されている。

Sum 41 – Dopamine – YouTube

Ravi Dhar(ラヴィ・ダール)が監督を務めたミュージック・ビデオはラスベガスを舞台に、ファッション・スタイリストのNikia Lee(ニキア・リー)とElvis Presley(エルヴィス・プレスリー)のインパーソネーターとして知られるTravis Allen(トラヴィス・アレン)が主演を務め、バンドのパフォーマンスに花を添えている。

最後のスタジオ・アルバム『Heaven :x: Hell』は2枚組となっており、『Heaven』と『Hell』それぞれに10曲、計20曲が収録。『Heaven』はエネルギッシュなポップ・パンクが並び、『Hell』は激しいリフやソロを特徴としたヘヴィ・メタル・アンセムで構成されている。正にこれまでのキャリアを象徴するようなアルバムであり、彼らがパイオニアであることを証明している。

Sum 41は今月行われたPUNKSPRING 2024に出演に合わせ『THE LAST JAPAN TOUR 2024』を開催したばかり。

■『Heaven :x: Hell』トラックリスト
[HEAVEN]
1. Waiting On a Twist Of Fate
2. Landmines
3. I Can’t Wait
4. Time Won’t Wait
5. Future Primitive
6. Dopamine
7. Not Quite Myself
8. Bad Mistake
9. Johnny Libertine
10. Radio Silence
[HELL]
11. Preparasi A Salire
12. Rise Up
13. Stranger In These Times
14. I Don’t Need Anyone
15. Over The Edge
16. House Of Liars
17. You Wanted War
18. Paint It Black
19. It’s All Me
20. How The End Begins

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事