オリビア・ニュートン・ジョンの輝かしい功績が詰まった日本独自企画のベスト盤2枚組『グレイテスト・ヒッツ<ジャパン・デラックス・エディション>』がリリース

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

これまで4度グラミー賞を受賞し、アルバムの総売上枚数は1億を越える、全世界そして全世代の永遠のスーパー・アイドルとして活躍したOlivia Newton-John(オリビア・ニュートン・ジョン)。オーストラリアの人間国宝に値するNational Living Treasure of Australiaにも認定され、2015年には東日本大震災の被災地福島県で追悼公演を行い、2021年の秋の叙勲で旭日小綬章を受賞しています。

この度、1977年にリリースされ、世界で500万枚のセールスを誇るベスト盤『Greatest Hits Vol. 1』の45周年を記念としてリマスターされたデラックス・エディションが10月21日に世界同時発売される中、日本では独自企画として『Greatest Hits Vol. 1』と、1982年リリースの発売から40周年を記念する『Greatest Hits Vol. 2』の2枚がセットとなった形で『グレイテスト・ヒッツ<ジャパン・デラックス・エディション>』がリリースされました。

Olivia Newton John Photo by Michelle DayOlivia Newton John Photo by Michelle Day

『Greatest Hits Vol. 1』には、グラミー賞の最優秀レコード賞を含む2部門を受賞した「愛の告白/I Honestly Love You」や、「そよ風の誘惑/Have You Never Been Mellow」等、1971年のデビューから1976年のアルバム『Come On Over』までのヒット曲が収録。また、『Greatest Hits Vol. 2』には、ミュージカル映画「グリース」の大ヒット曲や、全米ビルボードのシングルチャートに10週もエントリーし、80’sを代表するシングル「フィジカル」を含む、1978~82年にリリースされたヒット曲が収録。その他、日本独自企画盤の2枚組には両面カラーポスターが封入され、オリビアから日本のファンへの手紙がブックレットに掲載されています。

このベスト盤への収録楽曲を最終決断する段階に至った今年の5月、オリビアは「私の初のベスト盤リリースから45年が経ったなんて信じられないわ。当時、それぞれの国々や地域でのヒット曲を集めたベスト盤がリリース出来て、私は本当に幸運だったわよね。私の記憶が正しければ、確か当時世界で5つのバージョンがリリースされていたと思うわ。米国とカナダのバージョン、イギリス、ヨーロッパ、メキシコ、そして南アメリカのバージョン、スカンジナビアのバージョン、日本のバージョン、そしてオーストラリアとニュージーランドのバージョンの5つだったかしら」と思い起こしていました。

■リリース情報

オリビア・ニュートン・ジョン『グレイテスト・ヒッツ<ジャパン・デラックス・エディション>』

オリビア・ニュートン・ジョン
『グレイテスト・ヒッツ<ジャパン・デラックス・エディション>』
2022年10月21日(金)発売
【日本独自企画】2枚組SHM-CD+両面カラーポスター封入+オリビアから日本のファンへの手紙
【品番】UICB-1016/7
【税込価格】3,850円
購入リンク

■収録楽曲/2022年リマスター音源
【DISC 1】
1. イフ・ノット・フォー・ユー/If Not For You
2. バンクス・オブ・オハイオ/Banks Of The Ohio
3. ラヴ・ソング/Love Song
4. カントリー・ロード/Take Me Home Country Roads
5. チェンジ/Changes
6. レット・ミー・ビー・ゼア/Let Me Be There
7. 愛しい貴方/If You Love Me (Let Me Know)
8. 愛の告白/I Honestly Love You
9. そよ風の誘惑/Have You Never Been Mellow
10. プリーズ・Mr.プリーズ/Please Mr. Please
11. 安らぎの世界へ/The Air That I Breathe
12. 秋風のバラード/Something Better To Do
13. レット・イット・シャイン/Let It Shine
14. 貴方にさようなら/Every Face Tells A Story
15. ジョリーン/Jonene
16. 一人ぽっちの囁き/Come On Over
17. たそがれの恋/Don't Stop Believin'
18. サム/Sam
19. 泣かないでアージェンティーナ/Don't Cry For Me Argentina
20. きらめく光のように/Making Good Things Better

【DISC 2】
1. ハート・アタック/Heart Attack
2. マジック/Magic
3. フィジカル/Physical
4. 愛すれど悲し/Hopelessly Devoted To You
5. ムーヴ・オン・ミー/Make A Move On Me
6. 愛の炎/Deeper Than The Night
7. ランドスライド/Landslide
8. 愛は魔術師/A Little More Love
9. 愛のデュエット/You're The One That I Want (with John Travolta)
10. タイド・アップ/Tied Up
11. 恋の予感/Suddenly (with Cliff Richard)
12. さよならは一度だけ/Totally Hot
13. 愛のプロミス/The Promise (The Dolphin Song)
14. ザナドゥ/Xanadu (with E.L.O.)

■バイオグラフィー
英ケンブリッジ生まれ。5歳の時に家族と共にオーストラリアに移住し、66年に英国で歌手デビュー。4度グラミー賞を受賞し、アルバムの総売上枚数は1億を越える。オーストラリアの人間国宝に値するNational Living Treasure of Australiaにも認定されている。1978年の学園ミュージカル映画「グリース/原題:Grease」にて、ジョン・トラボルタと共にサンディ・オルソンを演じたことで世界的に人気を得た。75年に「そよ風の誘惑」、78年「愛のデュエット(ウィズ・ジョン・トラボルタ)」、80年「ザナドゥ」「マジック」、81年「フィジカル」の6曲を立て続けに全米シングル・チャートのNo.1に送りこみ、全世界そして全世代の永遠のスーパー・アイドルとして活躍。2015年には東日本大震災の被災地福島県で追悼公演を行い、2021年の秋の叙勲で旭日小綬章を受賞。

■リンク
日本公式サイト

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事