映画『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』サウンドトラックからテムズが歌う「No Woman No Cry」を先行リリース!音源が公開

11月11日全米公開の映画『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』のサウンドトラックからTems(テムズ)が「No Woman No Cry」が先行リリースされ、音源が公開されました。

Tems - No Woman No Cry (From "Black Panther: Wakanda Forever Prologue") - YouTube

「No Woman No Cry」はBob marley(ボブ・マーリー)のカバー。土曜日のマーベルのサンディエゴコミックコンホールHパネルでデビューしたマーベルスタジオの『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』の最初の予告編で公開され大きな話題となっていました。

Marvel Studios’ Black Panther: Wakanda Forever | Official Teaser - YouTube

テムズはナイジュリアのシンガー。2020年にWizkid(ウィズキッド)のシングル「Essence」でビルボードホット100に初めてトップ10入りを果たし、グラミー賞にノミネートされました。同年リリースしたデビューEP『For Broken Ears』に収録されている「Higher」のボーカルを、Future(フューチャー)によって彼のシングル「Wait for U」でサンプリングされ、その結果、彼女はこの曲の注目アーティストとしてクレジットされました。ビルボードホット100で初登場1位を獲得し、彼女をナンバーワンでデビューした最初のアフリカのアーティスト、そしてチャートのトップに立った2番目のナイジェリアのアーティストにしました。

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』のサウンドトラックからは他にガーナのシンガー、Amaaraeの「A Body, A Coffin」、メキシコのラッパー、Santa Fe Klan(サンタ・フェ・クラン)の「Soy」の3曲の音源が公開されています。

Amaarae - A Body, A Coffin (From "Black Panther: Wakanda Forever Prologue") - YouTube

Santa Fe Klan - Soy (From "Black Panther: Wakanda Forever Prologue") - YouTube

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。