マイク・オールドフィールド、発売から半世紀を迎えたプログレッシヴ・ロック/ミニマル・ミュージックの金字塔、『Tubular Bells』の50周年記念エディションが5月26日に発売決定

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Mike Oldfield(マイク・オールドフィールド)が、発売から半世紀を迎えたプログレッシヴ・ロック/ミニマル・ミュージックの金字塔、『Tubular Bells(チューブラー・ベルズ)』の50周年記念エディションを5月26日に発売することが決定しました。

『チューブラー・ベルズ』は、ヴァージン・レコード第1回新譜としてリリースされ、全英1位/全米3位を記録。映画『エクソシスト』の主題歌に起用されたことで世界的ヒットとなり、1974年のグラミー賞でベスト・ポップ・インストゥルメンタル賞を受賞。現在までに全世界で1,500万枚以上を売り上げる大ベストセラー・アルバムがマイク・オールドフィールド自身の監修の下、アップデートしてリリースされます。

50周年を彩るボーナス・トラックとして、2012年に開催されたロンドン・オリンピックの開会式で演奏された「チューブラー・ベルズ/イン・ドゥルチ・ジュビロ」、13年に発表されたオールドフィールドとドイツのDJ/プロデューサーのヨークのコラボレート・アルバム『Tubular Beats』に収められていた「チューブラー・ベルズ(マイク・オールドフィールド&ヨーク・リミックス)」、さらに17年の『Return To Ommadawn』発表後、新たに取り組んでいた『チューブラー・ベルズ』の続編制作のセッションから、今回初出となる約8分の「チューブラー・ベルズ4イントロ」の未発表デモが収録。

今作についてマイク・オールフィールドは、「不安でいっぱいのティーンエイジャーの内側からほとばしる音楽を聴き直してみても、これが実際は50年前の自分だとは信じられない。音楽はそこまで不安そうに感じないけれど、何年もの仕事とストレスの積み重なりが『チューブラー・ベルズ』を生み出したことは自分だけが知っている。そして録音はすべて一発録りで進めていった。録り直す猶予はなかったし、今では当たり前になってしまったスタジオでの騙しのテクも使っていない。当時、この『チューブラー・ベルズ』を作っていた時は、この音楽が誰かの耳に届くのかさえわからなかったのだから、当然50周年を祝うなんて思ってもいなかった! 今までにこの楽曲を耳にしてくださったすべての皆さん、本当にありがとう」とコメントしています。

なお、1973年のオリジナル・アルバムをデヴィッド・コステンがドルビー・アトモスでミックスしたヴァージョンはデジタル版、そしてスーパー・デラックス・エディションで販売されるBlu-rayに収録。また、特別なデジタル・コンピレーションの発売も予定されています。

2023年2月からスタートした〈Tubular Bells The 50th Anniversary Celebration · UK Tour 2023〉が話題を呼ぶ中、歴史的名盤に新たな命が吹き込まれます。

■商品情報

マイク・オールドフィールド『チューブラー・ベルズ』50周年記念エディション

マイク・オールドフィールド
『チューブラー・ベルズ』50周年記念エディション
Mike Oldfield
Tubular Bells - 50th Anniversary Edition
発売日:2023年5月26日(金)
商品番号:UICY-16155
価格:2,750円(税込)
【日本盤のみ】
日本語解説付/英文解説翻訳付、SHM-CD仕様
予約はこちら

■収録曲
1. チューブラー・ベルズ - パート1 (1973オリジナル・ミックス)
2. チューブラー・ベルズ - パート1 (1973オリジナル・ミックス)
3. チューブラー・ベルズ4イントロ – 2017デモ*
4. チューブラー・ベルズ/イン・ドゥルチ・ジュビロ - 2012年ロンドン・オリンピックの開会式で演奏より
5. チューブラー・ベルズ – マイク・オールドフィールド&ヨーク・リミックス
*未発表

■リンク
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外)
Facebook
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事