【全英シングルチャート】ケイト・ブッシュ「神秘の丘」が2週目の1位を獲得!LF Systemがトップ3入り!ドレイクは3曲がトップ10入り!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

週末に発表された最新の全英シングルチャート、Kate Bush(ケイト・ブッシュ)の1985年のヒット曲「Running Up That Hill(邦題:神秘の丘)」が2週目の首位を獲得しました。

Kate Bush – Running Up That Hill – YouTube

ケイト・ブッシュが全英チャートで1位を獲得するのは1978年のデビュー曲「Wuthering Heights(邦題:嵐が丘)」以来2度目となり、44年ぶりの快挙。今週、ケイトはBBC Radio4の番組「Woman’s Hour」に、Netflixのストレンジャー・シングスで使用された後の曲の更新された記録的な成功について、珍しいインタビューを行い、彼女の音楽が「まったく新しい聴衆に届いた」ことは「素晴らしい」と語っています。

2位は変わらずHarry Styles(ハリー・スタイルズ)「As It Was」。3位スコットランドのダンスデュオ、LF System(LFシステム)の「Afraid to Feel」がランクアップ。わずか登場4週目でトップ3入りとなるバイラルヒットとなっています。

Harry Styles – As It Was – YouTube

LF SYSTEM – Afraid To Feel – YouTube

4位はロンドン出身のシンガーソングライター、Cat Burns(キャット・バーンズ)の「Go」がランクイン。そして5位にはGeorge Ezra(ジョージ・エズラ)の「Green Green Grass」がランクアップ。トップ5入りは2018年に1位を獲得した「Shotgun」以来4年ぶり。6位はLizzo(リゾ)の「About Damn Time」がランクインしています。

Cat Burns – Go – YouTube

George Ezra – Green Green Grass – YouTube

Lizzo – About Damn Time – YouTube

そして今週、最新アルバム『Honestly, Nevermind』がアルバムチャートで初登場2位を記録しているDrake(ドレイク)が、トップ10に3曲を送り込みました。

7位には21 Savage(21サヴェージ)を迎えた「Jimmy Cooks」、8位には「Massive」、そして10位には「Falling Back」がランクインしています。

Drake ft. 21 Savage – Jimmy Cooks – YouTube

Drake – Massive – YouTube

Drake – Falling Back (Extended Version) – YouTube

9位はハリー・スタイルズ「Late Night Talking」がランクインしています。

Harry Styles – Late Night Talking – YouTube

ドレイクが3曲をトップ10に送り込んだため、トップ10以下は押される形でランクダウンとなった曲が多い中、Joji(ジョージ)の「Glimpse of Us」が14位に上昇。大阪出身、日本とオーストラリアのハーフであるジョージの新作はオーストラリアで4位と初のトップ10入りを果たしており、Spotifyのグローバルチャートでも1位を獲得。今後も上昇が期待できます。

Joji – Glimpse of Us – YouTube

そしてBeyoncé(ビヨンセ)の新曲「Break My Soul」が21位に初登場。先週リリースだったため集計上の都合もあり、来週以降大幅なランクアップが見込まれます。今作は7月29日にリリースされる6年ぶり7枚目のスタジオ・アルバム『Renaissance』からのリードシングルとして大きな話題となっています。

Beyoncé – BREAK MY SOUL – YouTube

参考情報:Official Singles Chart Top 100

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事