グリーン・デイ、1/19発売の最新アルバム『Saviors』発売記念リスニング・パーティをTOWER RECORDS渋谷店にて開催決定!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Green Day(グリーン・デイ)が1月19日(金)に最新アルバム『Saviors(セーヴィアーズ)』を発売することを記念し世界各地で開催されるリスニング・パーティの開催が、ここ日本でも決定しました。

Photo by Emmie AmericaPhoto by Emmie America

アルバムをアナログLPで発売日にTOWER VINYL SHIBUYAフロアで楽しめるだけでなく、当日タワーレコード渋谷店で最新アルバムを購入、または店頭引き取りされたお客様を対象に、特製グッズが当たる抽選会も開催。さらにイベントに足を運んだ方へイベント限定のフライヤーも来場記念としてプレゼントされます。

GREEN DAY『Saviors』発売記念リスニング・イベントGREEN DAY『Saviors』発売記念リスニング・イベント

■イベント概要
ONE NIGHT ONLY GREEN DAY NIGHT『Saviors / セーヴィアーズ』発売記念リスニング・パーティー
日時:2024年1月19日(金) 本編19:00~20:30
会場:タワーレコード渋谷店6F  TOWER VINYL SHIBUYA
※観覧フリーとなりますので、奮ってお越しください!
※スペースの都合による入場制限を行う可能性がございますのでご了承ください

■イベント内容
・グリーン・デイ『Saviors / セーヴィアーズ』アナログ盤試聴会
・音楽ライターの大鷹俊一氏とデビュー当時からグリーン・デイを知るレーベル・スタッフによるトーク
・リリースイベントのために制作された特製アーティストグッズ抽選会
※イベント内容は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承下さい。

最新アルバムについて、ロンドンとロサンゼルスでレコーディングされたこの『Saviors』は、グリーン・デイとグラミー賞受賞プロデューサーのロブ・カヴァロによる最新の強力コラボレーションとなっています。過去にも1994年の『Dookie(ドゥーキー)』と2004年の『American Idiot(アメリカン・イディオット)』というバンドを代表する2枚のアルバムでも仕事を共にしています。このアルバムは『Dookie』の30周年記念盤としてリリースされ、ラスベガスで行われたサプライズ・ライヴでは、バンドはソールドアウトした超ファンたちの前で『Dookie』の収録曲を全て披露しています。

アルバムからは「The American Dream Is Killing Me」、「Look Ma, No Brains!」、「Dilemma」、「One Eyed Bastard」の4曲が先行リリースされており、「The American Dream Is Killing Me」は米ビルボードのロック・エアプレイ・チャートやメインストリーム・ロック・チャート、またカナダのロック・チャートで1位を獲得しています。

■商品情報

グリーン・デイ『セイヴァーズ』

アーティスト:Green Day / グリーン・デイ
アルバム:Saviors / セイヴァーズ
品番:WPCR-18655
値段:3,080円(税込)
リリース:2024年1月19日(金)(国内盤CD発売日も同日)
予約はこちら
※ボーナス・トラックあり

■『Saviors』トラックリスト
1. The American Dream is Killing Me / ジ・アメリカン・ドリーム・イズ・キリング・ミー
2. Look Ma, No Brains! /ルック・マ、ノー・ブレインズ!
3. Bobby Sox /ボビー・ソックス
4. One Eyed Bastard /ワン・アイド・バスタード
5. Dilemma /ジレンマ
6. 1981 / 1981
7. Goodnight Adeline /グッド・ナイト・アデライン
8. Coma City /コーマ・シティ
9. Corvette Summer /コルヴェット・サマー
10. Suzie Chapstick /スージー・チャップスティック
11. Strange Days Are Here to Stay /ストレンジ・デズ・アー・ヒア・トゥ・ステイ
12. Living in the ’20s /リヴィング・イン・ザ・トゥエンティーズ
13. Father to a Son /ファーザー・トゥ・ア・サン
14. Saviors /セーヴィアーズ
15. Fancy Sauce /ファンシー・ソース
16. Fever / フィーヴァー*
*ボーナス・トラック

■リンク
公式サイト
Instagram
TikTok
X
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事