【全英シングルチャート】ノア・カーンが「Stick Season」で7週連続で首位獲得!ビヨンセが初登場でトップ10入り!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

週末に発表された最新の全英シングルチャート、Noah Kahan(ノア・カーン)「Stick Season」が7週連続での1位を獲得しました。

Noah Kahan – Stick Season – YouTube

2位はSophie Ellis-Bextor(ソフィー・エリス・ベクスター)「Murder on the Dancefloor」が変わらずキープしており、3位にはBenson Boone(ベンソン・ブーン)「Beautiful Things」が先週5位からランクアップ。ベンソン・ブーンにとって初のトップ10入りとなった今作は初登場からわずか4週でトップ3入りを果たしました。

Sophie Ellis-Bextor – Murder On The Dancefloor – YouTube

Benson Boone – Beautiful Things – YouTube

先週3位だったTeddy Swims(テディ・スウィムズ)「Lose Control」は4位に後退となり、5位には先週トップ10入りを果たしたYG Marley(YGマーリー)のデビュー曲「Praise Jah in the Moonlight」がランクアップ。YGマーリーはLauryn Hill(ローリン・ヒル)の息子で、今作はローリン・ヒルとの共作。ローリン・ヒルのコンサートのいくつかでこの曲を演奏したことをきっかけにTikTokで人気を博し、ファンはこの曲の正式リリースを求め、2023年12月27日に満を持してのリリースとなりました。YGマーリーの祖父でもあるBob Marley(ボブ・マーリー)の1978年のヒット曲「Crisis」をサンプリングしています。

Teddy Swims – Lose Control (Live) – YouTube

YG Marley – Praise Jah in the Moonlight – YouTube

6位は先週と変わらずCassö(カッソ)D-Block Europe(ディーブロック・ユーロップ)RAYE(レイ)のコラボ曲「Prada」がキープし、トップ10滞在週が21週を記録。7位はTaylor Swift(テイラー・スウィフト)「Cruel Summer」が先週からランクアップ。今週でトップ10滞在週が25週に到達しており、全英チャート歴代8番目に長い記録を作っています。

Cassö x RAYE x D-Block Europe – Prada – YouTube

Taylor Swift – Cruel Summer – YouTube

8位は先週と変わらずTate McRae(テイト・マクレー)の「greedy」、そして9位にはBeyoncé(ビヨンセ)の新曲「Texas Hold ‘Em」が初登場。ビヨンセは新曲を2曲同時リリースしており、もう一方の新曲「16 Carriages」は44位に初登場でランクイン。そして10位はAriana Grande(アリアナ・グランデ)「yes, and?」がランクダインとなっています。

Tate McRae – greedy – YouTube

Beyoncé – TEXAS HOLD ‘EM – YouTube

Beyoncé – 16 CARRIAGES – YouTube

Ariana Grande – yes, and? – YouTube

トップ10以下ではYe(イェ)ことKanye West(カニエ・ウェスト)Ty Dolla $ign(タイ・ダラー・サイン)によるデュオ、¥$が今週2位に初登場となったアルバム『VULTURES 1』から3曲がランクイン。12位に「CARNIVAL」、17位に「BURN」、18位に「BACK TO ME」が初登場となりました。その他ではElla Henderson(エラ・へンダーソン)Rudimental(ルディメンタル)を迎え先月リリースした「Alibi」が15位とランクアップ。Kygo(カイゴ)Ava Max(エイバ・マックス)のコラボ曲「Whatever」が24位にランクアップと多くの楽曲がランクダウンとなっている中で最高位を更新しています。

Ella Henderson – Alibi ft. Rudimental – YouTube

Kygo & Ava Max – Whatever – YouTube

参考情報:Official Singles Chart Top 100

人気記事