The 1975が10月リリースのアルバムより2曲目の先行シングル「Happiness」のミュージック・ビデオを公開!北米ツアーのスケジュールも発表

The 1975が10月リリースのアルバム『Being Funny In A Foreign Language』から、2曲目の先行シングル「Happiness」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

The 1975 - Happiness - YouTube

「Happiness」はニューウェーブのリズムと鳴り響くサックスで頻繁に展開される80年代と90年代のサウンドのパレットを、ここで大きな吹き荒れるサウンドの壁に構築しています。

最後に日本でパフォーマンスをしたサマーソニック2019以来、約3年ぶりの日本でのパフォーマンスに向けて、期待が高まる楽曲に仕上がっており、今楽曲の一節では、“She showed me what love is / I’m never gonna love again”(意味: 彼女が愛とは何かを教えてくれた / もう二度と人を愛さない)のように対極的な内容の歌詞が存在し、愛とは人を夢中にする美しく尊いものだと語られると同時に、愛を追求する難しさや葛藤も綴られています。

また新曲のリリースと同時に「The 1975 At Their Very Best」と題した北米ツアーのスケジュールも発表。11月3日のコネチカット州アンキャスビル、モヒーガン・サン・アリーナを皮切りにカナダとメキシコへのディップを含む、12月にかけて北米の会場やフェスティバルで演奏します。

10月14日にリリースされるThe 1975通算5作目のアルバム『Being Funny In A Foreign Language』のトラックリストは既に公開されており、前作までのアルバムで毎度お馴染みの1曲目「The 1975」、「Part Of The Band」、「Happiness」を含む全11曲が収録される予定となっています。

The 1975 Credit by Samuel BradleyThe 1975 Credit by Samuel Bradley

The 1975 Credit by Samuel BradleyThe 1975 Credit by Samuel Bradley

The 1975 Credit by Samuel BradleyThe 1975 Credit by Samuel Bradley

■新曲情報

The 1975「Happiness」

The 1975 ニュー・シングル「Happiness」
2022年8月4日リリース
ダウンロード/ストリーミング

■アルバム情報

The 1975『Being Funny In A Foreign Language』

The 1975 ニュー・アルバム『Being Funny In A Foreign Language』
2022年10月14日リリース
(日本盤リリースについては後日発表予定)

■『Being Funny In A Foreign Language』トラックリスト
1. The 1975
2. Happiness
3. Looking For Somebody (To Love)
4. Part Of The Band
5. Oh Caroline
6. I'm In Love With You
7. All I Need To Hear
8. Wintering
9. Human Too
10. About You
11. When We Are Together

■The 1975 プロフィール
The 1975は2002年にマンチェスターにて結成。ユニークなサウンド・アプローチで熱烈なファン・ベースを築き上げ、同世代を代表するバンドの一つとしての地位を確立している。現在6億回以上のストリーミングを記録しており、前作の『仮定形に関する注釈』(Notes On A Conditional Form)を含むアルバム4作全てが連続で全英アルバム・チャート1位を獲得した。また、The 1975は8月20日と21日に東京・大阪で開催されるロック・フェスティバル「サマーソニック2022」のヘッドライナーとして出演することが決定している。

■リンク
公式HP
日本公式HP
Twitter
Instagram
TikTok
YouTube

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。