The 1975が約2年ぶりの新曲「Part Of The Band」のミュージック・ビデオを公開!10月には5作目となるニュー・アルバムが発売決定

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

The 1975は、10月リリース予定のアルバムからの先行シングル「Part Of The Band(パート・オブ・ザ・バンド)」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

The 1975 – Part Of The Band – YouTube

約2年ぶりのリリースとなりファン待望のシングルとなった今作は、同楽曲は有名バンドの一員として人生を長く過ごしてきた、フロントマンのマシュー・ヒーリーの人生における苦楽が綴られています。

一節では “Am I ironically woke? The butt of my joke? Or am I just some average, skinny bloke calling his ego imagination?” (対訳:僕は反語的な意味で意識が高いのか? 自分の嘲る対象ってこと? それとも平凡な、自意識を想像力と呼んでいる、ただの痩せっぽちの男?)と歌われ、どんなに成功した人間でさえ悩みは尽きないし、他人からは常に評価される環境にいる、人生は苦楽や自問自答の繰り返しである、という彼の想いが綴られています。

Samuel Bradley(サミュエル・ブラッドリー)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、全編モノクロで語られており、彼らの世界観が溢れんばかりに反映されています。

また、通算5作目のスタジオ・アルバム『Being Funny In A Foreign Language』は10月14日に発売予定で、トラックリストも公開されました。前作までのアルバムで毎度お馴染みの1曲目「The 1975」がどのような内容かにも期待したいところです。

本国イギリスでは、ニュー・シングル「Part Of The Band」の歌詞が書かれた屋外広告が話題となり、またフロントマンであるマシュー・ヒーリーは、SNS上でニュー・アルバムについての情報を公開するなど、約2年ぶりのリリースにファンを沸かせています。

The 1975 Credit by Samuel BradleyThe 1975 Credit by Samuel Bradley

The 1975 Credit by Samuel BradleyThe 1975 Credit by Samuel Bradley

■商品情報

The 1975「Part Of The Band」

The 1975 ニュー・シングル「Part Of The Band」
2022年7月8日リリース
ダウンロード/ストリーミング
■アルバム情報

The 1975『Being Funny In A Foreign Language』

The 1975 ニュー・アルバム『Being Funny In A Foreign Language』
2022年10月14日リリース
(日本盤リリースについては後日発表予定)

■『Being Funny In A Foreign Language』トラックリスト
1. The 1975
2. Happiness
3. Looking For Somebody (To Love)
4. Part Of The Band
5. Oh Caroline
6. I’m In Love With You
7. All I Need To Hear
8. Wintering
9. Human Too
10. About You
11. When We Are Together

■The 1975 プロフィール
The 1975は2002年にマンチェスターにて結成。ユニークなサウンド・アプローチで熱烈なファン・ベースを築き上げ、同世代を代表するバンドの一つとしての地位を確立している。現在6億回以上のストリーミングを記録しており、前作の『仮定形に関する注釈』(Notes On A Conditional Form)を含むアルバム4作全てが連続で全英アルバム・チャート1位を獲得した。また、The 1975は8月20日と21日に東京・大阪で開催されるロック・フェスティバル「サマーソニック2022」のヘッドライナーとして出演することが決定している。

■リンク
公式HP
日本公式HP
Twitter
Instagram
TikTok
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事