ザ・キラーズが『プレッシャー・マシーン』のデラックス版をリリース!「The Getting By II」のミュージック・ビデオを公開

これまでにリリースしたオリジナル・アルバムがイギリスでは全作1位を、そしてアメリカでも全作品がトップ10入りを果たし、2000年以降に出現したバンド群の中ではアメリカを代表するロック・バンドと呼ぶに相応しい、The Killers(ザ・キラーズ)。彼らが昨年リリースした7作目のアルバム『プレッシャー・マシーン』のデラックス・エディションをリリース。「The Getting By II(ザ・ゲッティング・バイ II)」のミュージック・ビデオを公開しました。

The Killers – The Getting By II - YouTube

デラックス・エディションはアルバムから選りすぐられた3曲、「ザ・ゲッティング・バイ」、「ランナウェイ・ホーセズ」、「ウエスト・ヒルズ」が全く新しいヴァージョンとして生まれ変わり、全11曲だったアルバムが全18曲のアルバムとしてリリースされました。

2020年にリリースされたアルバム『インプロ―ディング・ザ・ミラージュ』から約1年という短いインターヴァルでリリースされた『プレッシャー・マシーン』は、これまでのザ・キラーズのアルバムとは違うニュアンスを持った作品となりました。フロントマンであるブランドン・フラワーズが育った街、アメリカ南西部にあるユタ州ネフィという街が持つ思い出やストーリーで構成されたアルバムは、よりアコースティックで、動よりも静な要素に重点が置かれ、ストレートで見事な人物描写がなされた、ザ・キラーズの新しい一面を確かに印象づける傑作として高く評価されました。

このデラックス・エディションのリリースを記念して、バンドは『Notes From A Quiet Town(ノーツ・フロム・ア・クワイエット・タウン)』というタイトルのショート・フィルムを発表。ユタ州ネフィでのアコースティック・パフォーマンスが3曲収録され、その街に住む人々の生活のストーリーが描かれた作品となっています。

The Killers - Notes From A Quiet Town - YouTube

『インプローディング・ザ・ミラージュ』を完成させたものの新型コロナウィルスのために思うような活動ができなかった彼らですが、その期間にこの『プレッシャー・マシーン』という作品を創り上げたことにより、新たな一面を提示することができました。それら2枚のアルバムを引っ提げて、このバンドが世界中への旅を再開させる日も近づいてきている。北米、中米、ヨーロッパは既にツアー日程も発表済みです。

The Killers(ザ・キラーズ)The Killers(ザ・キラーズ)

■リリース情報

ザ・キラーズ『プレッシャー・マシーン(デラックス)』

ザ・キラーズ『プレッシャー・マシーン(デラックス)』
(The Killers Pressure Machine (Deluxe))
視聴リンク

■トラックリスト
1. ウエスト・ヒルズ
2. クワイエット・タウン
3. テリブル・シング
4. コーディ
5. スリープウォーカー
6. ランナウェイ・ホーセズ feat. フィービー・ブリジャーズ
7. イン・ザ・カー・アウトサイド
8. イン・アナザー・ライフ
9. デスパレット・シングス
10. プレッシャー・マシーン
11. ザ・ゲッティング・バイ
12. ザ・ゲッティング・バイ II feat. ルシアス*
13. ザ・ゲッティング・バイ III *
14. ザ・ゲッティング・バイ IV *
15. ザ・ゲッティング・バイ V *
16. ランナウェイ・ホーセズ II *
17. ウエスト・ヒルズ II *
18. ウエスト・ヒルズ III *
* デラックス版ボーナス・トラック

■アーティスト情報
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外)
Instagram
Twitter
Facebook

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。