ザ・リンダ・リンダズがタイニー・デスク・コンサートで行ったパフォーマンス映像が公開

ロサンゼルス出身のティーンエージ パンクバンド、The Linda Lindas(ザ・リンダ・リンダズ)がNPR Musicが主催するライブコンサートのビデオシリーズ「Tiny Desk Concert(タイニー・デスク・コンサート)」に出演し、そのパフォーマンス映像が公開されました。

The Linda Lindas: Tiny Desk (Home) Concert - YouTube

ロサンゼルス中央図書館で撮影されたパフォーマンス・ビデオでは、先行シングルとなった「Growing Up」から始まり、「Talking to Myself」、「Why」、「Cuántas Veces」、「Racist, Sexist Boy」の5曲を披露しています。

既にその完成度が話題のデビューアルバム『Growing Up(グローイング・アップ)』を4月8日にリリースしたばかりのザ・リンダ・リンダズは、今年3年ぶりの開催となるサマーソニック2022で初来日となる予定。アルバムのプロモーションも積極的に行っているようで、トルバドールへの出演や雑誌のインタビューなど大忙しのようです。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。