アヴィーチー「Wake Me Up」発売10周年を迎え新たなメイキング映像が公開!さらにスウェーデンのアーティストとして初の快挙となるRIAAダイヤモンドディスクに認定

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

2013年6月17日の発売からちょうど10年を迎えた2023年6月17日、Avicii(アヴィーチー)の「Wake Me Up」が、全米で1,000万枚を超える売り上げを記録し、全米レコード協会(RIAA)から「ダイヤモンド・ディスク」の認定を受け、さらにダンス/エレクトロニックの曲として全米レコード協会史上最高の売り上げにも認定されました。スウェーデンのアーティストが全米レコード協会から「ダイヤモンド・ディスク」の認定を受けるのは史上初。

Avicii – Wake Me Up – YouTube

「Wake Me Up」でヴォーカルを担当したAloe Blacc(アロー・ブラック)はこの曲について、「私のヴォーカルとその他の楽器をプロデュースしたティム(Aviciiの本名)のエネルギーと努力は、彼の創作に対する情熱を如実に表しています」と振り返っています。

また、発売10周年を受けてAviciiのYouTubeチャンネルでは「Wake Me Up」のメイキングの映像が新たに公開。

The Making of “Wake Me Up” by Avicii – YouTube

TikTokでは「Wake Me Up」フィルターが登場。自撮りをしてちょうど3秒目をつむると歌詞のフレーズ「When I’m wiser and I’m older」のように、自分の顔に老眼鏡が付き、眉毛が白くなるというもの。
エフェクトはこちら

ハウスミュージックと伝統的なブルーグラスの要素を見事に融合したアヴィーチーの代表曲「Wake Me Up」は、発売当時ビルボードホット100で4位、ビルボードのホット・ダンス/エレクトロニック・ソングス、ダンス・クラブ・ソングス・チャートでは1位となり、60カ国以上のiTunes Storeにて1位を獲得した。また、この曲は発売当時にSpotifyで最もストリーミングされた曲という栄誉にも輝いています。この曲でアヴィーチーは人気プロデューサーとしての地位を確固たるものにして、マドンナやコールドプレイといった音楽界のアイコン的存在とのコラボレーションが実現し、彼のキャリアをさらに加速させることになりました。

メロディックな楽曲とインスピレーション溢れる歌詞で有名なアヴィーチーは、ジャンルを超えた楽曲で世界中の聴衆を魅了し、現代ポップスを代表するアーティストの一人となりました。アヴィーチーは、史上最も影響力のある音楽プロデューサーの一人として広く知られています。

Cim Ek / Avicii Music ABCim Ek / Avicii Music AB

Cim Ek / Avicii Music ABCim Ek / Avicii Music AB

またRIAAでは同日、同じくデビュー・スタジオ・アルバム『True』に収録されているシングル「Hey Brother」がプラチナ認定を獲得しています。

Avicii – Hey Brother – YouTube

■『True』トラックリスト
1. Wake Me Up
2. You Make Me
3. Hey Brother
4. Addicted to You
5. Dear Boy
6. Liar Liar
7. Shame on Me
8. Lay Me Down
9. Hope There’s Someone
10. Heart Upon My Sleeve
[Japanese edition]
11. All You Need Is Love
12. Always on the Run
13. Canyons
14. Long Road to Hell
15. Levels” (radio edit)

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事