TikTok「かまきりダンス」のバズを受け、Aviciiの「Waiting For Love」がチャート1位に浮上!犬と少年の友情を描いたリリック・ビデオに和訳が掲載された動画も公開

TikTokのフォロワー数48万人を超える人気クリエイターのキャメが日本語でカバーしたAvicii(アヴィーチー)による「Waiting For Love」の音源を使ったダンスが「かまきりダンス」としてTikTokでバズとなり、これを受けて原曲「Waiting For Love」の再生数も浮上。各種チャートにて1位を記録。今回の盛り上がりを受けてユニバーサル・ミュージック洋楽のYouTubeチャンネルでは犬と少年の友情を描いたリリック・ビデオに和訳が掲載された動画も公開となりました。

和訳 Avicii – Waiting For Love/ アヴィーチー – ウェイティング・フォー・ラヴ – YouTube

もともとは今年2月にキャメが「Waiting For Love」を日本語でカバーしたものをTikTokに投稿。そして、その数日後にその音源を早回ししたものを投稿。それぞれ現時点までに100万再生、410万再生と多く再生されています。

@came_music Waiting for love 日本語で歌ってみた #avicii ♬ オリジナル楽曲 – キャメ

@came_music Waiting for love 日本語で歌って @Eli 💫 さんのダンス動画と合わせてみた #avicii #elibailar ♬ オリジナル楽曲 – キャメ

この早回し音源を使ってクリエイターの「モテない後輩」によるダンスが「カマキリの威嚇みたいwwwww」というコメントとともに投稿されると「カマキリダンス」として、TikTok上にて一気に広まり、この音源を使用した動画は現在までに1.5万本以上投稿されています。
*TikTokの数字はユニバーサル ミュージック調べ

このバズを受けて、オリジナルのAvicii「Waiting For Love」の音楽ストリーミング再生数も上昇を見せ、「カマキリダンス」のバズが起きた前週と、起きたあとの週を比較するとその再生数は210%の上昇を見せ、iTunes StoreとApple Musicのダンスチャートで1位、LINE MUSICのEDMとダンスチャートで1位を獲得しています(6月7日現在)。

「Waiting For Love」は2015年に発売されたシングルでAviciiのセカンド・アルバム『Stories』に収録されている楽曲。Aviciiの母国スウェーデンでは1位、UKでは6位を記録して、日本でも2021年5月に日本レコード協会より「ゴールド・ストリーミング認定(日本国内で5000万再生)」を獲得しているAviciiの代表曲の一つ。

Credit Sean ErikssonCredit Sean Eriksson

■リリース情報

Avicii「Waiting For Love」

Avicii「Waiting For Love」
視聴、ストリーミングはこちら

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。