ジェームス・ブラウン、1970年に録音した未発表曲「We Got To Change」配信開始

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

2024年2月16日、北米で放送されたJames Brown(ジェームス・ブラウン)の新たなドキュメンタリー『James Brown: Say it Loud』にあわせて、1970年に録音された未発表音源「We Got To Change」が配信されました。

We Got To Change – YouTube

表題曲「We Got To Change」の他に、「We Got To Change (Extended Version)」、「We Got To Change (Pixal Remix)」の合計3曲が『We Got To Change EP』として公開されています。

この未発表曲「We Got To Change」は、1970年8月16日、マイアミのクライテリア・スタジオで録音されたもの。この時期、37歳のジェームス・ブラウンにおいて極めて重要な時期で、当時のジェームス・ブラウンは、シンシナティ出身の若い兄弟、ギタリストのフェルプス“キャットフィッシュ”コリンズとベーシストのウィリアム”ブーツィー”コリンズを中心とした新しいグループを結成。彼らは「Get Up (I Feel Like Being) a Sex Machine」「Super Bad」「Soul Power」などのシングルで、ジェームス・ブラウンの音楽にハードなエッジと新鮮なアイデンティティをもたらしました。ジェームス・ブラウンは彼らをJBズと呼んだ。

1970年8月16日でのクライテリア・スタジオのセッションは、ジェームス・ブラウンの1960年代のサイドメン、偉大なるドラマーであるクライド・スタブルフィールドとの再会が実現。ファンキー・ドラマーとして知られる彼は、その後のジェームス・ブラウンのヒット曲のいくつかを彩り、ヒップホップ時代に最もサンプリングされたドラマーの1人となりました。また、この曲にはジェームス・ブラウンの長年の右腕ことボビー・バードもコーラスで参加しています。

米ケーブル・ネットワーク、A&Eによるドキュメンタリー『James Brown: Say it Loud』は現地時間2月19日に初公開される予定。Questlove(クエストラブ)とBlack Thought(ブラック・ソート)が監督を務める4部構成のドキュメンタリーとなっており、友人、家族、協力者、弟子たちへのインタビューでジェームス・ブラウンの功績を振り返るものとなっています。日本での公開は未定。

Two Night Event “James Brown: Say it Loud” Premieres 2/19 on A&E – YouTube

(c) Alan Leeds(c) Alan Leeds

(c) Alan Leeds(c) Alan Leeds

(c) Alan Leeds(c) Alan Leeds

■商品情報

ジェームス・ブラウン『We Got To Change』

ジェームス・ブラウン『We Got To Change』
2024年2月16日配信
視聴・配信はこちら

■収録曲
1. We Got To Change
2. We Got To Change (Extended Version)
3. We Got To Change (Pixal Remix)

■パーソネル
James Brown: Vocals
Bobby Byrd: Vocals
Darryl “Hasaan” Jamison: Trumpet
Clayton “Chicken” Gunnels: Trumpet
Robert “Chopper” McCollough: Tenor Saxophone
Phelps “Catfish” Collins: Guitar
William “Bootsy” Collins: Bass
Clyde Stubblefield: Drums
Johnny Griggs: Congas

■リンク
アーティストサイト

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事