ビリー・アイリッシュが映画『バービー』サウンドトラック・アルバム『Barbie The Album』に提供した新曲「What Was I Made For?」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)がマーゴット・ロビーとライアン・ゴズリングがバービーとケンを演じる待望の映画『バービー』の画期的で豪華なサウンドトラック・アルバム『Barbie The Album』に提供した新曲「What Was I Made For?」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Billie Eilish – What Was I Made For? – YouTube

自ら監督を務めたミュージック・ビデオでは、バービーをイメージした衣装を着たビリー・アイリッシュが「バービー」と書かれた箱からハンガーラックを取り出すと、人形サイズの衣装を取り出しかけていきます。それらはビリーの代表的な衣装で、途中突風に投げ飛ばされながらも続けますが、セットに雨が降ってきたこと衣装がずぶ濡れになり、絞りながら箱に衣装を戻し、その場を立ち去る様子を描いています。SNSではミュージック・ビデオについて「このビデオは泣けてしまいます。私にとってはとても意味のあるものですが、あなたにとっても同じように意味があることを願っています。それ以外に言うことはあまりありません。」とコメントしています。

「What Was I Made For?」は兄FINNEAS(フィニアス)との共作で、SNSではこの曲が彼女にとって「絶対的な」世界を意味していると述べ、この曲が「人生を変える」ことを望み、ファンに「すすり泣く」準備をするようにコメントしていました。

楽曲制作は兄妹によるものですが、プロデュースにはフィニアスと共にAndrew Wyatt(アンドリュー・ワイアット)と『Barbie The Album』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるMark Ronson(マーク・ロンソン)も参加しています。

『Barbie The Album』からはDua Lipa(デュア・リパ)「Dance the Night」、KAROL G(カロルG)がAldo Ranks(アルド・ランクス)を迎えた「Watati」、PinkPantheress(ピンクパンサレス)の「Angel」、そしてNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)Ice Spice(アイス・スパイス)のコラボ曲「Barbie World (with Aqua)」、Charli XCX(チャーリーXCX)「Speed Drive」が先行してリリースされており、アルバムから6曲目のリリースとなりました。

さらに7枚目のシングルとしてアルバムリリースと同じ日に、新たに参加が発表となったSam Smith(サム・スミス)の「Man I Am」がリリースされる予定です。

『Barbie The Album』は、現在予約受付中で、アメリカの劇場公開に合わせて7月21日(金)に発売される予定。アルバムにはLizzo(リゾ)Ava Max(エイバ・マックス)、Dominic Fike(ドミニク・ファイク)、The Kid Laroi(ザ・キッド・ラロイ)など、世界のメガスターが新曲を提供。また、ライアン・ゴズリングも、彼のキャラクターであるケンを演じた象徴的なオリジナル曲で、サウンドトラック・アーティストの強固なメンバーの一人に加わります。

今回のアルバムはアトランティック・レコードとワーナー・ブラザース映画との間の大成功を収めたパートナーシップを継続するものであり、両社はこれまで、Doja Cat(ドージャ・キャット)のRIAA認定2xプラチナ・スマッシュ「Boss B*tch」を生んだ2020年の『BIRDS OF PREY: THE ALBUM』や、ビルボード200で2週連続首位を含む世界70カ国以上のアルバムチャートで首位を獲得し、Twenty One Pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ)のRIAA認定ダイヤモンドヒット「Heathens」を収録した2016年のグラミー®賞ノミネート『SUICIDE SQUAD: The Album』で提携してきました。

世界的に有名なDJであり、オスカー、ゴールデングローブ賞、グラミー賞を7回受賞したアーティスト兼プロデューサーであるMark Ronson(マーク・ロンソン)と、バービーの脚本・監督・エグゼクティブプロデューサーで3回オスカーにノミネートされたGreta Gerwig(グレタ・ガーウィグ)がエグゼクティブ・プロデューサーを手がける『BARBIE THE ALBUM』。

このサウンドトラック・アルバムは、アトランティック・レコードの西海岸プレジデント、ケヴィン・ウィーバー(『グレイテスト・ショーマン』『スーサイド・スクワッド』『デイジー・ジョーンズ&ザ・シックス』『バーズ・オブ・プレイ』『フューリアス7』『フォルト・イン・アワー・スター』『フェイト・オブ・ザ・フリアス』のサウンドトラックアルバム製作)とアトランティック・レコードEVP兼ポップ/ロックA&R共同責任者のブランドン・デイヴィスが製作・監修。

ローリングストーン誌で「サウンドトラックの第一人者」と称されたウィーバーは、グラミー賞受賞者であり、これまで5回ノミネートされ、世界中で数千万枚のアルバムを販売し、マルチプラチナサウンドトラックプロジェクトを数多くプロデュース。他にも、アルバムの共同プロデューサーであるブランドン・クリードとジョセフ・クーリー、バービーの音楽スーパーバイザー兼アルバム・エグゼクティブプロデューサーであるジョージ・ドラクーリアスがこのプロジェクトの主要人物となっています。

■『Barbie The Album』トラックリスト
1. Lizzo / Pink
2. Dua Lipa / Dance The Night
3. Nicki Minaj & Ice Spice / Barbie World (with Aqua)
4. Charli XCX / Speed Drive
5. KAROL G / WATATI (feat. Aldo Ranks)
6. Sam Smith / Man I Am
7. Tame Impala / Journey To The Real World
8. Ryan Gosling / I’m Just Ken
9. Dominic Fike / Hey Blondie
10. HAIM / Home
11. Billie Eilish / What Was I Made For?
12. The Kid LAROI / Forever & Again
13. Khalid / Silver Platter
14. PinkPantheress / Angel
15. GAYLE / butterflies
16. Ava Max / Choose Your Fighter
17. FIFTY FIFTY / Barbie Dreams (feat. Kali)

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事