CJがAnuel AA、Ozunaを迎えたリミックス「Whoopty Latin Mix」のミュージック・ビデオを公開

CJ(シージェイ)が大ヒット曲「Whoopty(ウープティ)」Anuel AA(アヌエル・AA)Ozuna(オズナ)を迎えたリミックス「Whoopty Latin Mix(ウープティ・ラテン・ミックス)」のミュージック・ビデオを公開しました。

CJ – Whoopty Latin Mix ft. Anuel AA & Ozuna - YouTube

「Whoopty」はインドのアーティストMithoon(ミトゥーン)とArijit Singh(アリジット・シン)が2015年に発売した曲「Sanam Re」をサンプリングした曲で、ブルックリンのドリル・ミュージックを彷彿とさせ、TikTokをきっかけに世界中でヒットしています。

CJは先週French Montana(フレンチ・モンタナ)、Rowdy Rebel(ロウディ・レベル)を迎えた「Whoopty NYC Remix(ウープティ・NYCリミックス)」をリリースしたばかりで、今作は2作目の公式リミックス作品になります。

「Whoopty Latin Mix」はラテン音楽で最も人気のある2人のスーパースターAnuel AAOzunaが参加し、Anuel AAはドミニカ共和国の力強い声に耳を傾けながら、生々しい詩で登場し、Ozunaはかつてないほどバーを吐き出し、今まで聞いたことがないようなラップをしています。

ミュージック・ビデオはEdgar Esteves(エドガー・エステベス)が監督を務め、ファイトクラブがダウンしている放棄された倉庫の中で彼らのキラキラと飾られたトリオを画面上にまとめ、さまざまなシーンでそれらが動作している様子が映し出された映像になっています。