ヤングブラッドがブリング・ミー・ザ・ホライズンのオリヴァー・サイクスを迎え披露した「Happier」の日本でのライヴ・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

YUNGBLUD(ヤングブラッド)Bring Me The Horizon(ブリング・ミー・ザ・ホライズン)のフロントマン、Oliver Sykes(オリヴァー・サイクス)を迎え披露した「Happier」の日本でのライヴ・ビデオを公開しました。

YUNGBLUD – Happier (feat. Oli Sykes of Bring Me The Horizon) [Live From Japan] – YouTube

映像は11月3日に開催されたブリング・ミー・ザ・ホライズン主宰の「NEX_FEST」に出演した際のもので、「Happier」のミュージック・ビデオは日本滞在中に制作されました。

YUNGBLUD – Happier (feat. Oli Sykes Of Bring Me The Horizon) – YouTube

パワフルで疾走感のあるサウンドが印象的な同曲は「でも僕は壊れたわけじゃない/ここにいるのが怖いだけ/これ以上の幸せが怖いんだ」という歌詞を歌っており、ヤングブラッドの赤裸々で腹から滲み出るような叫びが伝わってくるようなエモーショナルな楽曲となっています。

ヤングブラッドは今回の楽曲に込めた強い想いについて、「僕はこれまでの人生であえて痛みに耐えることを自分自身で選択してきたんだ。痛みに耐えていると、仕事がはかどるんだ。闘うべきものがあるから、うまくいっている気がするんだ。まるで暗闇にいるみたいだけど、僕はそれしか知らない。幸せという感覚は、いつかすべてがうまくいかなくなるような気がして怖いんだ。幸せだと自己満足に陥ってしまうような気がして、そのせいで過去に友人関係や人間関係を築く機会を失ってきた。この曲を書いている時僕は本当に感情的になったよ。胃が熱くなるような、きっともう大丈夫だと思わせてくれるような、そして古い習慣に立ち向かい、自分がよりベストを尽くせるように励ましてくれるような、そんなヤングブラッドの曲をまた書きたかったんだ。幸せを見つけてもいいし、それを感じてもいい。みんなこの曲の中で少しでも幸せを見つけてくれたらいいな。みんなが幸せになる資格があるんだ、誰だってね。」と語っています。

ヤングブラッドは先月、Rémy Martin(レミー・マーティン)とのコラボレーションでローリング・ストーンUKアワードでライブ・アクト賞を受賞しており、賞を受け取ったヤングブラッドは、「ライブ音楽とライブ演奏が私にとってすべてです。 それが私がずっとやりたかったことのすべてです。 私はただ人々とつながり、自分自身の家族を見つけたいだけなのです。」と述べています。
Yungblud wins the Live Act Award at the Rolling Stone UK Awards in collaboration with Rémy Martin

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事