Clean Bandit の関連記事一覧

Clean Bandit(クリーン・バンディット)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Clean Bandit(クリーン・バンディット)のプロフィール

Clean Bandit

Clean Bandit(クリーン・バンディット)は、イギリス・ケンブリッジで結成されたエレクトロニックのグループ。メンバーはGrace Chatto(グレース・チャトー)Jack Patterson(ジャック・パターソン)Luke Patterson(ルーク・パターソン)の3人。

メンバーはケンブリッジ大学ジーザスカレッジで知り合い、Westminster Schoolに通っていた旧メンバーのNeil Amin-Smith(ミラン・ニール・アミン゠スミス)はThe Latymer Schoolに通っていたGrace Chatto(グレース・チャトー)と一緒に弦楽四重奏を指揮していました。当時のボーカルであったSsegawa-Ssekintu Kiwanukaは、レーザー解析の博士号を取得するために脱退しています。

2012年12月、グループはデビューシングル「A + E」を発表するとUK Singles Chartの100位にランクイン。翌2013年の2ndシングル「Mozart's House(モーツァルト・ハウス)」はUK Singles Chartで17位と徐々に話題となり、2014年の1月には、クラシックミュージックの要素とダンスミュージックのビートを合わせ、Jess Glynne(ジェス・グリン)をゲストに迎えた4thシングル「Rather Be(ラザー・ビー)」が同グループとして初めて1位を獲得すると、そのまま4週にわたってその座を維持し、Billboard Hot 100でも10位まで上昇するヒットとなります。

「Rather Be(ラザー・ビー)」のヒットを受けて同年4月、BBCのテレビ番組「Later... with Jools Holland」で初のテレビ出演。また2015年2月、第57回グラミー賞で最優秀ダンスレコーディング部門でグラミー賞を受賞するなど一躍大ブレイクを果たします。

同年再びJess Glynne(ジェス・グリン)をゲストに迎えシングル「Real Love(リアル・ラヴ)」をリリースしこちらもヒット。2016年にはSean Paul(ショーン・ポール)Anne-Marie(アン・マリー)を迎えたシングル「Rockabye(ロッカバイ)」がUK Singles Chartで2度目の1位、Billboard hot 100でも2度目のトップ10入りを果たし世界中で大ヒットとなりますが、そんな中ヴァイオリニストNeil Amin-Smith(ミラン・ニール・アミン゠スミス)が脱退。

勢いは絶えず2017年にはZara Larsson(ザラ・ラーソン)を迎えたシングル「Symphony(シンフォニー)」で3度目の1位。2018年にDemi Lovato(デミ・ロヴァート)をゲストに迎えてリリースされたシングル「Solo(ソロ)」はイギリスで2作ぶりの1位を獲得。同年ヒットシングル全てが収録された2ndアルバム「What Is Love?(ホワット・イズ・ラヴ?)」がリリースされました。

Clean Bandit の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧