Coldplay の関連記事一覧

Coldplay(コールドプレイ)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Coldplay(コールドプレイ)のプロフィール

Coldplay

Coldplay(コールドプレイ)は1996年にリードボーカリスト、キーボードのChris Martin(クリス・マーティン)、リード・ギタリストのJonny Buckland(ジョニー・バークランド)で結成されたイギリスのロックバンドです。

メンバーはリードボーカリスト、キーボードのChris Martin(クリス・マーティン)、リード・ギタリストのJonny Buckland(ジョニー・バークランド)、ベーシストのGuy Berryman(ガイ・ベリーマン)、Will Champion(ウィル・チャンピオン)の4人組。

バンド結成のためのメンバーが揃った時期に彼らと同じユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの学生だった友人から「Coldplay(コールドプレイ)」というバンド名をもらい、自らのバンドの名前にしました。バンド名は1997年に発売されたPhilip Horky著の詩集「Child's Reflections, Cold Play」から由来してると言われています。

結成翌年の1998年、自主制作にてEP「Safety(セーフティ)」をリリース。その年の年末にはインディーズ・レーベルのFierce Pandaと契約しEP「Brothers & Sisters(ブラザーズ・アンド・シスターズ)」をリリース。イギリスBBCのラジオ局Radio 1で流れ始め少しずつ知名度を上げていきます。

そして1999年にEMIの傘下パーロフォンと5枚契約を行い、1999年11月からデビューアルバムの製作に取り組み、リリースに先立って発売されたシングル「Shiver(シヴァー)」が全英チャートで35位まで上昇し、続けてリリースしたシングル「Yellow(イエロー)」が全英チャート4位となり注目され、1stアルバム「Parachutes(パラシューツ)」は全英アルバムチャートにて1位を獲得。その後アメリカでもリリースされ、最終的には950万枚を売り上げ、2002年にはグラミー賞の「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」を受賞しています。

同年2ndアルバム「A Rush of Blood to the Head(静寂の世界)」をリリースし、グラストンベリー・ロック・フェスティバルなどのロック・フェスを皮切りに約1年かけてツアーを行います。アルバムはバンド史上最も成功し1500万枚のセールスを記録。

このアルバム以降、発売が遅れたので、所属するEMIの次年度に経常収支が引き継がれ、EMIの株価が大幅に下がってしまうという逸話もある2005年リリースの「X & Y」、全3作を3部作と捉え、新しい境地に挑戦したと言われる2008年リリースの「Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命)」、そして2011年リリースの「Mylo Xyloto(マイロ・ザイロト)」と4枚連続で全世界1000万枚以上売り上げています。

2015年リリースのアルバム「A Head Full of Dreams(ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ)」はイギリスにおいてデビューアルバム以降連続初登場1位獲得記録が7作品記録しているOasis(オアシス)に並ぶか注目されましたが、当時Adele(アデル)のアルバム「25」が1位を獲得していたため、惜しくも初登場2位となり(後に1位を獲得)、連続1位記録は6作でストップしています。

翌年から約1年かけて開催されたアルバムのツアーは、興行収益5億2303万ドル以上、総動員数538万9586人となり、歴代5位となる史上最も成功したコンサートツアーとなりました。

Coldplay の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧