Coldplayのアルバム売上ランキングトップ10とおすすめ全アルバムまとめ

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

おすすめ洋楽

Coldplayのアルバム売上ランキングトップ10とおすすめ全アルバムまとめ

Coldplay(コールドプレイ)はアルバム売上ランキングトップ10とおすすめ全アルバムをご紹介。

コールドプレイはこれまでリリースした9枚のスタジオ・アルバムすべてが全英1位を獲得しており、そのうち3枚がグラミー賞受賞、4枚がノミネートされています。

商業的にも4枚が1000万枚を超えるセールスを記録している人気の高いロックバンドです。

今回はコールドプレイのアルバムがどのようにすごいのか、これまでにリリースしたアルバムの中から売上トップ10と、全アルバムについてまとめていきたいと思います。

Coldplay(コールドプレイ)

Coldplay(コールドプレイ)
IMAGE VIA:Coldplay Holding Off on Touring New Album for a Very Righteous Reason – Billboard

Coldplay(コールドプレイ)は1996年にリードボーカリスト、キーボードのChris Martin(クリス・マーティン)、リード・ギタリストのJonny Buckland(ジョニー・バークランド)で結成されたイギリスのロックバンド。

メンバーはリードボーカリスト、キーボードのChris Martin(クリス・マーティン)、リード・ギタリストのJonny Buckland(ジョニー・バークランド)、ベーシストのGuy Berryman(ガイ・ベリーマン)、Will Champion(ウィル・チャンピオン)の4人組。

日本においてはメジャーデビュー以後定期的に来日しており、フェスへの出演やライヴ公演などを行って高い人気を誇っています。

全世界トータルセールスは1億枚以上を記録。

CHECK!!
Coldplay(コールドプレイ)のプロフィール・バイオグラフィーまとめ
Coldplay(コールドプレイ)の人気曲ランキングTOP20・おすすめ曲7選まとめ

Coldplay(コールドプレイ)のアルバム売上ランキングトップ10

  1. Everyday Life

    Coldplay

    コールドプレイのアルバム売上ランキング10位は、2019年11月22日リリースの8thアルバム「Everyday Life(エヴリデイ・ライフ)」。

    「Sunrise」と「Sunset」の2部構成となっている2枚組のアルバムで、主題の一貫性に欠けていると一部で言われたものの10カ国で初登場1位を記録し、不動の人気をアピールした作品となりました。

  2. Coldplay Live 2003

    Coldplay

    ライヴ2003
    コールドプレイ
    ワーナーミュージック・ジャパン

    コールドプレイのアルバム売上ランキング9位は、2003年11月4日リリースの1stライヴ・アルバム「Coldplay Live 2003(ライヴ2003)」。

    2003年7月21日と22日にシドニーのホーダーン・パビリオンで撮影されたコンサートが収録されています。
    メキシコやスペインなどの一部の国でプロモーションされたため、主にイギリス以外の国でヒットしました。

  3. Music of the Spheres

    Coldplay

    コールドプレイのアルバム売上ランキング8位は、2021年10月15日リリースの9thアルバム「Music of the Spheres(ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ)」。

    宇宙をテーマにしたコンセプト・アルバムで、ポップ、ポップ・ロック、スペース・ロック、スペース・ミュージック、アンビエントの影響を探求。
    The Spheres と呼ばれる架空の惑星系を舞台としており、この惑星系には9つの惑星、3つの自然衛星、1つの星と星雲が含まれており、それぞれがレコード上の特定のトラックに対応しています。

  4. Ghost Stories

    Coldplay

    コールドプレイのアルバム売上ランキング7位は、2014年5月16日リリースの6thアルバム「Ghost Stories(ゴースト・ストーリーズ)」。

    推定出荷枚数370万枚。「Mylo Xyloto」に参加したプロデューサー、Daniel Green(ダニエル・グリーン)、Rik Simpson(リック・シンプソン)が復帰し、他にもAvicii(アヴィーチー)やTimbaland(ティンバランド)なども参加した意欲作。

  5. A Head Full of Dreams

    Coldplay

    コールドプレイのアルバム売上ランキング6位は、2015年12月4日リリースの7thアルバム「A Head Full of Dreams(ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ)」。

    推定出荷枚数600万枚。シングル「Adventure of a Lifetime」、「Hymn for the Weekend」が2枚続けて成功し、ツアーは2年近く続苦長期的なものであったこともあり前作を超えるセールスを記録。
    商業的には成功してますがスタジオ・アルバムの中で唯一グラミー賞にノミネートされませんでした。

  6. Mylo Xyloto

    Coldplay

    Mylo Xyloto
    コールドプレイ
    Wea/Parlophone

    コールドプレイのアルバム売上ランキング5位は、2011年10月19日リリースの5thアルバム「Mylo Xyloto(マイロ・ザイロト)」。

    推定出荷枚数800万枚。オーウェル社会であるサイレンシアの世界を舞台にした、至上主義政府による音と色との戦いの物語をまとめたコンセプト・アルバムという位置づけになっています。
    34か国で1位を獲得し、2011年にイギリスで最も売れたロックアルバムとなりました。

  7. Parachutes

    Coldplay

    Parachutes
    コールドプレイ
    Parlophone UK

    コールドプレイのアルバム売上ランキング4位は、2000年7月10日リリースのデビュー・アルバム「Parachutes(パラシューツ)」。

    推定出荷枚数1300万枚。デビュー作ながら、イギリスではクラブやパブ、スポーツイベントでの曲の人気により、アルバムは全英アルバムチャートの初登場1位を記録。
    イギリスでは21世紀の22番目のベストセラーアルバムとなり、2001年のブリットアワードで最優秀ブリティッシュアルバム賞を受賞。第44回グラミー賞では最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞しました。

  8. Viva la Vida or Death and All His Friends

    Coldplay

    コールドプレイのアルバム売上ランキング3位は、2008年6月12日リリースの4thアルバム「Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命)」。

    推定出荷枚数1000万枚。愛、生、死、そして戦争への言及が含まれたアルバムになっており、アルバムカバーは、Eugène Delacroix(ウジェーヌ・ドラクロワ)の「民衆を導く自由の女神」の絵を採用しています。

  9. X&Y

    Coldplay

    X&Y
    コールドプレイ
    ワーナーミュージック・ジャパン

    コールドプレイのアルバム売上ランキング2位は、2005年6月6日リリースの3rdアルバム「X&Y」。

    推定出荷枚数1300万枚。「X」と「Y」の2枚構成になっており、2004年のすべてを制作に費やして作られました。
    セッション中に60曲が書かれ、そのうち52曲は破棄し、新たに違うプロデューサーも参加してもらって完成させています。
    結果として商業的には大成功を収め、イギリスの業界紙ミュージックウィーク誌が発行した、21世紀の英国で最も売れた20枚のアルバムのリストで9位にランクされました。

  10. A Rush of Blood to the Head

    Coldplay

    コールドプレイのアルバム売上ランキング1位は、2002年8月26日リリースの2ndアルバム「A Rush of Blood to the Head(静寂の世界)」。

    推定出荷枚数1500万枚。イギリスでは21世紀で8番目に売れたアルバムとなり、第45回グラミー賞では2年連続で最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞しました。
    アルバムのために20曲以上を書き、「In My Place」や「Animals」を含むいくつかの曲は、デビューアルバムを宣伝するツアー中にライブで演奏されました。
    予定通り完成させるも納得がいかずリリースを少し遅らせています。

Coldplay(コールドプレイ)の全アルバム

TypeTitleUSUK
ReleasePointJPN
EPSafety
1998/5/18
EPThe Blue Room
1999/10/11
1stParachutes511
2000/7/106,171,836
EPAcoustic
2000/10/29
EPTrouble – Norwegian Live EP
2001/8/17
EPMince Spies
2001/12/2
2ndA Rush of Blood to the Head51
2002/8/2610,531,097
EPRemixes
2003/7/21
LiveColdplay Live 20031346
2003/11/4 (US)
2003/11/10 (UK)
591,000
3rdX&Y11
2005/6/69,390,1306
CompA Rush of Blood to the Head / Parachutes
2006/10/2
CompThe Singles 1999-2006196
2007/3/26
CompParachutes / A Rush of Blood to the Head / Live 2003
2007/11/9
4thViva la Vida or Death and All His Friends11
2008/6/127,988,4913
EPProspekt’s March1538
2008/11/2160,000
LiveLeftRightLeftRightLeft
2009/5/15
EPiTunes Festival: London 2011
2011/9/18
5thMylo Xyloto11
2011/10/194,491,0283
EPLive in Madrid
2011/10/31
CompViva la Vida / X&Y
2011/11/13
LiveColdplay Live 2012
2012/11/14740,500
Comp4 CD Catalogue Set80
2012/11/26
Comp4 CD Catalogue Set80
2012/11/26
6thGhost Stories11
2014/5/163,970,1277
LiveGhost Stories Live 201493
2014/11/2477,000
7thA Head Full of Dreams21
2015/12/44,047,0177
EPLive from Spotify London
2016/12/16
EPKaleidoscope15
2017/7/1475,621
EPGlobal Citizen – EP 1
2018/11/30
LiveLive in Buenos Aires12815
2018/12/7110,00047
LiveLove in Tokyo
2018/12/752
8thEveryday Life71
2019/11/22668,01110
EPColdplay: Reimagined
2020/2/21
9thMusic of the Spheres41
2021/10/15915,93613

※Live … ライヴ・アルバム
※Comp … コンピレーション・アルバム
※EP … Extended plays

PointはWikipediaに掲載されている出荷枚数を元にまとめています。ランキングは出荷枚数、デジタル販売数、CD売上枚数、エアプレイなどの回数、ストリーミングを元に算出されたユニット数の各国の合計値をポイント化して、さらにYoutube再生回数ランキングをポイント化し、その合計を合算したものになります。不定期で更新していきます。

Coldplay(コールドプレイ)の最新アルバム

現在リリースされているコールドプレイのスタジオ・アルバムで一番最新のものは、2021年10月15日にリリースされた9thアルバム「Music of the Spheres(ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ)」。

宇宙をテーマにしたレコードのアイデアは、リードボーカルのChris Martin(クリス・マーティン)が「太陽系」を構築するプロジェクトを提案した2010年からバンドによって構想されていました。

BTSとのコラボが話題となった「My Universe」や、Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)を迎えた「Let Somebody Go」など全12曲入り(日本盤は14曲入り)となっています。

ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ
コールドプレイ
ワーナーミュージック・ジャパン

Coldplay(コールドプレイ)のおすすめアルバム

コールドプレイを初めて聴く方は間違いなく「A Rush of Blood to the Head(静寂の世界)」がおすすめ。

もう1枚選ぶとすれば、コールドプレイ好きな方にとっては分かれると思いますが「Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命)」です。

「Viva la Vida」は聴いたことがあるかもしれないのでその分入りやすいアルバムだと思います。

「静寂の世界」は鉄板で聞いておいて損はない作品です。

まとめ

コールドプレイはイギリスのアルバム・チャートで9枚すべてのスタジオ・アルバムで首位を獲得しており、歴代7番目タイという記録を保持しています。今後この記録がどこまで続くのかもチャート・アクションを見ていく上ではおもしろい視点になります。

以上、Coldplay(コールドプレイ)のアルバム売上ランキングトップ10とおすすめ全アルバムまとめをお届けしました。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

おすすめの人気記事