J. Cole の関連記事一覧

J. Cole(J.コール)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

J. Cole(J.コール)のプロフィール

J. Cole

J. Cole(J.コール)はドイツ、フランクフルト・アム・マイン出身のラッパー、シンガー、ソングライター、レコードプロデューサー。本名はJermaine Lamarr Cole(ジャーメイン・ラマー・コール)。

生まれてすぐアメリカのノースカロライナ州フェイエットビルへ引っ越し、多民族環境の中で育ちました。バスケットボールと音楽を好み、2003年までテリーサンフォードオーケストラの最初の椅子のバイオリニストを務めました。12歳でラップを始め、2000年に彼の母親がクリスマスプレゼントとしてASR-Xミュージカルサンプラーを購入してくれたため、制作スキルの向上に重点を置き、制作活動を行っていったそうです。韻を踏むことと言葉遊びの基本的な理解を深めることに取り組み、歌詞内でストーリーテリングを補間する方法を学び始め、歌のアイデアで満たされたさまざまなノートブックを持っていましたが、サンプリングよりもさらにビートを作り出すことはできませんでした。

高校卒業は、セントジョンズ大学への奨学金を受け入れニューヨーク市へ引っ越し、当初コンピューターサイエンスを専攻していたコールは、後に孤独なコンピューターサイエンスの教授の人生を目の当たりにして、コミュニケーションとビジネスに切り替えました。優秀な成績で卒業しますが、2015年の帰国コンサートで正式に学位を取得し、図書館の本にお金を借りていたことを明らかにしています。

ブラザーという名前でさまざまなインターネットフォーラムに曲を投稿し始めましたが、後にセラピストという名前に変え、活動範囲を拡大し2007年にはミックステープ「The Come Up(ザ・カム・アップ)」をリリース。2010年初頭、ColeはBeyond Race誌の「50 Great Breakthrough Artists」の1つに選ばれ、49位にランクインしました。その結果、同誌の第11号のカバーになったり、新しいラッパーに焦点を当てた雑誌などに掲載されるようになり知名度も上がっていきます。

「The Come Up(ザ・カム・アップ)」の作曲中、2007年初頭に現在のレーベルプレジデントIbrahim Hamadと共に自身のレコードレーベルを立ち上げました。自分の音楽をリリースする道を探していたが、Ibrahim Hamadはレコードレーベルの設立を切望し、2人はDreamville Recordsを結成することを促した。 ラベルは現在Interscope Recordsによって配布されています。

2011年にデビュースタジオ・アルバム「Cole World: The Sideline Story(コール・ワールド:ザ・サイドライン・ストーリー)」をリリースすると全米1位を獲得する大ヒット。シングル「Work Out(ワーク・アウト)」も成功を収め、2018年リリースの5枚目のアルバム「KOD」まで5作連続1位という記録も更新中。

また2014年からDreamville Records所属のアーティストが参加するコンピレーション・アルバム「Revenge of the Dreamers(リヴェンジ・オブ・ザ・ドリーマーズ)」をリリースし、3作目となる「Revenge of the Dreamers III(リヴェンジ・オブ・ザ・ドリーマーズ3)」が2019年にリリースされ、3作目にして全米1位を獲得しています。

J. Cole の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧