Shania Twain の関連記事一覧

Shania Twain(シャナイア・トゥエイン)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Shania Twain(シャナイア・トゥエイン)のプロフィール

Shania Twain(シャナイア・トゥエイン)は、カナダ、オンタリオ州出身のシンガー、ソングライター、女優。本名はEilleen Regina Edwards(アイリーン・レジーナ・エドワーズ)

幼い頃母親は離婚、先住民族オジブワ族の義父のもとで異父兄弟3人と共に育てられますが、両親の夫婦げんかと貧しさで家庭は崩壊寸前でした。そんな家庭を遠く離れて、彼女はわずか8歳の時バーで歌い始め、10歳で詩を書き、13歳でバンドのボーカルをするなど家計を助けるようになります。1983年、高校を卒業すると音楽の視野を広げていくことに決めます。

翌1984年にはトロントのラジオDJ、Stan Campbell(スタン・キャンベル)によって書かれたカントリー・ミュージック・ニュースの記事で注目されるようになります。彼はたまたまカナダのミュージシャンTim Denis(ティム・デニス)のアルバムを制作中であったことから、その中の一曲のバッキング・ボーカルをやることになりました。

Stan Campbell(スタン・キャンベル)は彼女を音楽関係者に紹介し、その一人、1976年にチャートインしたこともある地元のカントリー・シンガーMary Bailey(メアリー・ベイリー)に出会います。Mary Bailey(メアリー・ベイリー)Stan Campbell(スタン・キャンベル)から彼女を譲り受ける契約を行い、彼女を毎日自宅で何時間も練習させました。

1985年、Mary Bailey(メアリー・ベイリー)は彼女を連れてナッシュビルにいる友人、レコードプロデューサーのTony Migliore(トニー・ミリオール)を訪ね、Kelita Haverland(ケリータ・ハーバーランド)のアルバムでバッキング・ボーカルを努めます。当時のShania Twain(シャナイア・トゥエイン)はロック・ミュージシャンを目指していたため、同時に行われていたデモ制作は失敗に終わります。その後彼女はトロントに戻り、以降はロック歌手ではなく、カントリー・ミュージックに集中すべきことを確信します。

彼女は自分の名前を、オジブワ族由来の「我が道を行く」を意味するShania(シャナイア)に変更し1993年、彼女のデビューアルバムがリリースされ、始めてカナダ以外の好評を博することになりました。

2ndアルバム「The Woman in Me(ザ・ウーマン・イン・ミー)」は彼女の最初の夫であり音楽プロデューサーのRobert John "Mutt" Lange(ロバート・ジョン・"マット"・ランジ)がプロデュースしたもので、全米で760万枚以上を売り上げる大ヒットを記録。このアルバムでグラミー賞「最優秀カントリー・アルバム賞」を受賞し、全世界トータルセールスは2000万枚を記録。

勢いは更に伸び、1996年リリースの3rdアルバム「Come on Over(カム・オン・オーヴァー)」が4000万枚を超えるヒットとなります。収録シングル「You're Still the One(ユアー・スティール・ザ・ワン)」はBillboard Hot 100で初のトップ10入りとなる2位を記録し、その後3枚のシングルがヒット。アルバムセールスが大きく伸びた要因となり、第41回グラミー賞では6部門にノミネートされ、「You're Still the One(ユアー・スティール・ザ・ワン)」で2部門を受賞。2019年現在全世界歴代アルバムセールス第10位を記録しています。

2002年リリースの4thアルバム「Up!(アップ!)」も大ヒット。全米売り上げは550万枚と落ちましたが、全世界でのトータルセールスが2000万枚を超え、3作連続で2000万枚を売り上げました。

これまでに1億枚の以上のレコードを売り上げ、彼女はカントリー・ミュージック史上だけでなく、広くは全音楽史上で最も売れているアーティストの1人であり、Canada's Walk of Fame及びthe Hollywood Walk of Fameにその名前が刻まれています。

Shania Twain の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧