Kehlani

BIOGRAPHY

BIRTHDAY1995/4/24
BORNカリフォルニア州オークランド
OCCUPATIONシンガー、ソングライター、ダンサー

SNSでプロフィールをシェア!

Kehlani(ケラーニ)のプロフィール

Kehlani(ケラーニ)は、カリフォルニア州オークランド出身のシンガー、ソングライター、ダンサー。本名はKehlani Ashley Parrish(ケラーニ・アシュリ―・パリッシュ)。

幼少期は母親が麻薬中毒で苦しみ刑務所で暮らしており、父親は幼いころに麻薬中毒で亡くなってしまい祖母に育てられました。バレエを習っていましたが、膝を悪くしあえなく断念。

歌のキャリアは、メンバーとしてスタートし、PopLyfeというグループのリードボーカリストから始まります。2011年、グループはアメリカのGot Talentの第6シーズンに出演し最終的に4位となります。その後契約上の問題があり脱退。

その後彼女はグループの経営陣によって訴えられることを懸念して関連する音楽を何もしなかったそう。ほとぼりが冷めた頃からSoundCloudで公開するなどして活動。

Got Talentのホスト役を務めていたNick Cannon(ニック・キャノン)との出会いから2014年にはミックステープ「Cloud 19」をリリース。2015年にリリースしたミックステープ「You Should Be Here」はビルボードR&Bソングス・チャートで5位を獲得します。

2016年には映画「スーサイド・スクワッド」のサウンドトラックに参加し「Gangsta(ギャングスタ)」をシングルとしてリリースすると、全米、全英のR&Bチャートでトップ10入りを果たします。翌2017年にはデビューアルバム「SweetSexySavage(スウィートセクシーサヴェージ)」をリリースし、ビルボード200では3位を記録。またラッパーのG-Eazy(ジー・イージー)とコラボしたシングル「Good Life(グッド・ライフ)」が、映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」の主題歌に起用され大ヒット。同年初来日も果たしています。

2018年にはDemi Lovato(デミ・ロヴァート)のツアーに参加しオープニングアクトを務め、後半から2019年にかけて妊娠・出産を経験し、同年3月には3枚目となるミックステープ「While We Wait(ホワイル・ウィー・ウェイト)」をリリース、ビルボード200では初登場9位を記録しています。

2019年にはZedd(ゼッド)とのコラボシングル「Good Thing(グッド・シング)」、Teyana Taylor(テヤナ・テイラー)とのコラボシングル「Morning(モーニング)」をリリース。翌2020年に2枚目のスタジオ・アルバム「It Was Good Until It Wasn't(イット・ワズ・グッド・アンティル・イット・ワズント)」をリリース。ビルボード200では初登場2位を記録しました。その後デラックス盤の制作を行っていましたが、セッションの後、彼女は曲が別のプロジェクトにより適していると判断し、「Bluewater Road(ブルーウォーター・ロード)」というタイトルの3枚目のアルバムの作業を開始しました。

歌詞・カタカナ・歌詞和訳

歌詞Done For Me
歌詞カタカナGood Thing

Kehlaniの記事一覧へ

SNSでシェアする!