Marvin Gaye

BIOGRAPHY

BIRTHDAY1939/4/2 - 1984/4/1
BORNワシントンD.C.
OCCUPATIONシンガー、ソングライター、レコードプロデューサー

SNSでプロフィールをシェア!

Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)のプロフィール

Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)は、ワシントンD.C.出身のシンガー、ソングライター、レコードプロデューサー。1960年代にモータウンのサウンドを形作るのを手伝い、最初は社内のセッションプレーヤーとして、後に一連のヒット曲を持つソロアーティストとして、「プリンス・オブ・モータウン」、「プリンス・オブ・ソウル」というニックネームを獲得しました。

4歳のときに教会で歌い始め、父親はしばしばピアノを演奏するために同行していました。家族は、ヘブライ語のペンテコステ派から教えを受け、厳格な行動を提唱し、新約聖書と新約聖書の両方を遵守した、神の家として知られるペンテコステ派の教会の一部でした。幼い頃から歌うことへの愛情を育み、マリオ・ランツァの「Be My Love」を歌う11歳の学校での演奏の後、プロの音楽キャリアを追求するように勧められました。

彼の家庭生活は、厳格な父親による躾の範囲を越えた精神的虐待があり、当時父親の家に住むことは、「王と一緒に暮らすこと、非常に独特で、変わりやすく、残酷で、すべての強力な王」に似ていると後に説明しました。

ランドール中学校ではグリークラブに参加して歌のスターになりました。スピンガーン高校に短期間通いますが、引っ越しでカルドゾ高校に転校。いくつかのドゥーワップボーカルグループに参加しました。その頃から父親との関係が悪化し、17歳で高校を中退、基本的な空軍兵としてアメリカ空軍に入隊しました。

帰国後、彼の親友であるReese Palmer(リース・パーマー)と共に、ボーカル・カルテット「The Marquees(マーキーズ)」を結成。このグループはワシントンDC地域で演奏し、すぐにロックンロール・シンガーのBo Diddley(ボ・ディドリー)と協力し始めました。ボ・ディドリーは、グループを自分のレーベル、チェス・レコードに署名できなかったため、コロンビアの子会社であるオーケー・レコードに割り当てました。グループの唯一のシングル「Wyatt Earp(ワイアット・アープ)」(ボ・ディドリーが共同執筆)はチャートに失敗し、グループはすぐにレーベルから脱落することに。この時期に作曲を始めるようになります。

ドゥーワップ・グループThe Moonglows(ザ・ムーングロウズ)の共同創設者であるHarvey Fuqua(ハーヴィー・フークワ)は、後にマーキーズを従業員として採用しました。グループはHarvey and the New Moonglows(ハーヴィー・アンド・ザ・ニュー・ムーングロウズ)に変更し、シカゴに移転して活動するも1960年にグループは解散。ホリデーシーズンにモータウンの社長Berry Gordy(ベリー・ゴーディー)の家で演奏しました。歌手に感銘を受けたゴーディは、マーヴィンとの契約でハーヴィー・フークワを探しました。 ハーヴィー・フークワはマーヴィンとの契約に対する彼の利益の一部を売却することに同意。その後まもなく、マーヴィンはモータウンの子会社であるTamla Motown(タムラ・モータウン)と契約しました。

当初はジャズ音楽とスタンダードのパフォーマーとしてのキャリアを追求し、R&Bパフォーマーになることを望んでいませんでした。最初のシングルがリリースされる前に、マーヴィンはサムクックと同じように、eを追加して名前のスペルを「Marvin Gay」から「Marvin Gaye」に変更しました。翌1961年にデビューシングル「Let Your Conscience Be Your Guide(レット・ユア・コンシェンス・ビー・ユア・ガイド)」をリリース。その1ヶ月度にデビューアルバム「The Soulful Moods of Marvin Gaye(ソウルフル・ムード)」をリリースするも商業的には失敗。1961年のほとんどをドラマーとして週5ドル(現在の価格で約43ドル)でセッションワークを行いました。

翌1962年のシングル「Stubborn Kind of Fellow(スタボン・カインダ・フェロウ)」で初めてビルボードホット100に46位でランクイン。翌1963年にはシングル「Pride and Joy(プライド・アンド・ジョイ)」でトップ10入りを果たします。1964年、歌手のMary Wells(メアリー・ウェルズ)とのデュエットアルバム「Together(トゥゲザー)」を録音し、ポップアルバムチャートで42位になりました。 「ワンス・アポン・ア・タイム」や「ホワッツ・ザ・マター・ウィズ・ユー・ベイビー」を含むアルバムの両面シングルは、それぞれトップ20に到達しました。マーヴィンの次のソロヒット「How Sweet It Is (To Be Loved By You)(君の愛に包まれて)」はホット100で6位になり、英国でトップ50に達しました。この頃からアメリカンバンドスタンドなどの番組でテレビに出演し始めました。

以降はコンスタントにヒットするようになり、1965年のシングル「I'll Be Doggone(アイル・ビー・ドッゴーン)」、「Ain't That Peculiar(エイント・ザット・ペキュリアー)」はどちらも100万枚以上を売り上げました。その後Kim Weston(キム・ウェストン)とのヒットデュエット「It Takes Two(イット・テイクス・トゥー)」を獲得した後、Tammi Terrell(タミー・テレル)と、「Ain't No Mountain High Enough(エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ)」、「Your Precious Love(ユア・プレシャス・ラブ)」など、主にAshford & Simpson(アシュフォード&シンプソン)が作曲した一連のデュエットに取り組み始めました。

1967年10月、バージニア州ファームビルでの公演中にテレルはマーヴィンの腕の中で倒れ、ファームビルのサウスサイドコミュニティ病院に運ばれ、そこで医師は彼女の脳に悪性腫瘍があることを発見。彼女は注意深い監督の下で音楽を録音し続けましたが、診断はライブパフォーマーとしてのテレルのキャリアを終えることに。伝えられるところによると、マーヴィンはテレルの病気に打ちのめされ、その後の音楽活動に大きな影響を与えます。

1968年後半、シングル「I Heard It Through the Grapevine(悲しいうわさ)」は、初めてビルボードホット100で1位を獲得。他の国でもチャートのトップに達し、400万枚以上を売り上げました。同年9枚目のスタジオ・アルバム「M.P.G.」でビルボードのR&Bアルバムチャートで初の1位を獲得しています。

タミー・テレルは1970年3月16日に脳腫瘍で亡くなりました。マーヴィンは彼女の葬式に出席し、うつ病を経験します。同年ヒッツビルに戻り、「What's Going On(ホワッツ・ゴーイン・オン)」を録音します。バークレーでの戦争集会で反警察の残虐行為を目撃した後に書かれ、ベリー・ゴーディはこの曲を聞いたとき、ラジオには「政治的すぎる」と感じ、歌手がクロスオーバーの聴衆を失うことを恐れたため、リリースを拒否します。しかしマーヴィンは、レーベルが曲をリリースするまで、何かをリリースすることからストライキを続けることによって最終的には1971年にリリースされ、1か月以内にR&Bチャートで1位になり、5週間滞在しました。また、Cashboxのポップチャートで1週間トップになり、ホット100とRecordWorldチャートで2位になり、200万枚以上を売り上げました。

この曲の成功を受けて、同年5月にセルフ・プロデュースによる同名のアルバム「What's Going On(ホワッツ・ゴーイン・オン)」を発表。ベトナム戦争や公害、貧困といった社会問題を取り上げた歌詞と、それに対する苦悩を赤裸々に表現した歌唱は同世代に活躍した黒人ミュージシャンに大きな影響を与えました。同年、当時の黒人ミュージシャンにとって最も高い100万ドル相当の契約で更新。72年には同名映画のサウンドトラック「Trouble Man(トラブル・マン)」をリリース。しかしマーヴィンのリベラルな政治的見解がモータウンの保守的な聴衆を遠ざけることを恐れ、プロモーションはなされませんでした。

1973年8月、アルバム「Let's Get It On(レッツ・ゲット・イット・オン)」をリリース。タイトルトラックは、ホット100でマーヴィンの2番目の1位を獲得し、アルバムはその後2年間チャートに残り、400万枚以上を売り上げました。その後マーヴィンの最後のデュエットプロジェクトとしてDiana Ross(ダイアナ・ロス)と共演。対照的な芸術スタイルにもかかわらず、国際的な成功を収めました。

1974年からはツアーをコンスタントに行うようになり、1981年にはモータウンが彼の同意なしにアルバムをリリースしたとして、モータウンのためにこれ以上音楽を録音しないことを誓います。1982年、CBSのコロンビア子会社に移籍し、最初のアルバム「Midnight Love(ミッドナイト・ラヴ)」をリリース。ドイツのミュンヘンにてレコーディングがおこなわれ、シンセサイザーを使用した本作は発表と同時に評判を呼び、シングルカットされた「Sexual Healing(セクシャル・ヒーリング)」もホットブラックシングルチャートで10週連続1位を記録するヒットとなります。しかし、彼のキャリアで最大の成功を収めた本作が遺作となりました。

1984年4月1日の午後、ロサンゼルスのウェストアダムズ地区にある家族の家で両親の喧嘩を仲裁した際に、父親との肉体的な口論に巻き込まれ、激昂した父が拳銃を発砲、至近距離から放たれた2発の弾がそれぞれ胸部と肩に命中し、病院に運ばれる前に亡くなりました。その日はマーヴィンの45回目の誕生日の前日でした。

死後、グラミー賞を含む賞やその他の栄誉をゲイに授け、リズムアンドブルース音楽の殿堂、ソングライターの殿堂、ロックの殿堂への入会を果たしました。

Marvin Gayeの記事一覧へ

SNSでシェアする!