モーガン・ウォーレン

バイオグラフィー

BIOGRAPHY

Morgan Wallen / モーガン・ウォーレン

BIRTHDAY / 1993/5/13 (31歳)

BORN / テネシー州ノックスビル

OCCUPATION / カントリーシンガー、ソングライター

Morgan Wallen
出典:Instagram

Morgan Wallen(モーガン・ウォーレン)のプロフィール

Morgan Wallen(モーガン・ウォーレン)は、アメリカ合衆国のカントリーミュージックのシンガーソングライターです。1993年5月13日生まれ、テネシー州ノックスビル出身です。

モーガン・ウォーレンは、幼少期から音楽に親しんでおり、10代の頃から地元のバンドで活動していました。地元のチャーチヒルの高校を卒業した後、テネシー大学で1年間、野球をプレイしていましたが、野球の試合で怪我をしてしまい、音楽を追求するために大学を去ります。

2014年には、テレビ番組「The Voice」の6シーズンに参加し、第3ラウンドで脱落しました。その後、彼は音楽業界でのキャリアを追求するために、テネシー州ナッシュビルに移りました。

2016年に、モーガン・ウォーレンはビッグ・ロード・レコードと契約し、デビューシングル「The Way I Talk」をリリースしました。その後、ビルボードのカントリーチャートでトップ40入りするヒット曲を複数リリースし、カントリーミュージック界で注目を集めました。

2018年には、フロリダ・ジョージア・ラインの「Up Down」のフィーチャリングアーティストとして参加し、ビルボードホット100でトップ10入りする大ヒットとなりました。

2020年には、彼の2枚目のスタジオ・アルバム『Dangerous: The Double Album』がリリースされ、ビルボード200で初登場1位から10週連続キープする大ヒットを記録し、アメリカのカントリーミュージック界のトップアーティストの1人として認知されるようになりました。

彼の音楽は、伝統的なカントリーミュージックと現代的なサウンドを融合させたもので、その歌唱力や表現力、独自性が高く評価されています。一方で、彼の人格については、過去に差別的な言動を行ったことがあることで、一部の人々から批判されています。しかし、彼はその行動に対して謝罪し、自己改善に努めています。

2023年には3枚目のスタジオ・アルバム『One Thing at a Time』をリリースし、ビルボード200で初登場1位を獲得。また同じ週、ビルボードホット100にはトップ10に5曲を送り込み、カントリーアーティストとしては史上最多のランクインを果たしました。そしてシングル「Last Night」は自身初の1位を獲得しています。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

ニュースの人気記事