Nirvana

BIOGRAPHY

YEARS ACTIVE1987-1994
MEMBERSKurt Cobain
Krist Novoselic
Dave Grohl

SNSでプロフィールをシェア!

Nirvana(ニルヴァーナ)のプロフィール

Nirvana(ニルヴァーナ)は、1987年にワシントン州アバディーンで結成されたアメリカのロックバンド。
リードシンガー兼ギタリストのKurt Cobain(カート・コバーン)とベーシストのKrist Novoselic(クリス・ノヴォセリック)によって結成され、Chad Channing(チャド・チャニング)などのドラマーを経て、1990年にDave Grohl(デイヴ・グロール)が加入。カート・コバーンの自殺によって1994年に解散。

スティーブン・タイラーは1964年頃からニューヨークのヨンカーズでStrangeurs(ストレンジャーズ)、Chain Reaction(チェーン・リアクション)などのバンドを結成し活動していました。一方、ペリーとハミルトンは、フリーフォームとブルースをベースにしたジャムバンドを結成。ハミルトンとペリーは1969年9月にマサチューセッツ州ボストンに引っ越し、そこで彼らはニューヨーク州ヨンカーズのドラマー、ジョーイ・クレイマーに会いました。クレイマーはタイラーを知っていて、いつも彼と一緒にバンドで演奏することを望んでいました。当時バークリー音楽大学の学生だったクレイマーは学校をやめてジャムバンドに加わります。

歌手でギタリストのカート・コバーンとベーシストのクリス・ノヴォセリックは、ワシントン州のアバディーン高校に通っていたときに知り合いました。メルヴィンズの練習スペースを頻繁に訪れるようになり仲良くなり、コバーンはノボセリックとバンドを結成したくて1985年に結成した自身のバンド、Fecal Matter(フィーカル・マター)のデモテープをノボセリックに渡しますが、ノボセリックは長い間反応しませんでした。

フィーカル・マターは翌1986年に解散。その後ノボセリックはコバーンに、ついにフィーカルマターのデモを聞いたことを通知し、グループを始めることを提案しました。最初のバンドはSellouts(セルアウツ)という名前で、主にCreedence Clearwater Revival(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)のトリビュート・バンドとして活動していました。

1987年初頭、コバーンとノヴォセリックはドラマーのAaron Burckhard(アーロン・バークハード)を採用しました。最初の数ヶ月間、バンドはSkid Row(スキッド・ロウ)、Pen Cap Chew(ペン・キャップ・チュー)、Ted Ed Fred(テッド・エド・フレッド)などの一連の名前を経験し、最終的にNirvana(ニルヴァーナ)に落ち着きます。その後アーロンと連絡がつかなくなり、新たなドラマーとして共通の友人からの紹介でチャド・チャニングが参加。1988年5月にニルヴァーナとの最初のショーに参加しました。

ニルヴァーナは、1988年11月にシアトルのインディーズレコードレーベルSub Popで、Shocking Blue(ショッキング・ブルー)の「Love Buzz(ラヴ・バズ)」のカバーである最初のシングルをリリースし、翌月、バンドは地元のプロデューサー、ジャック・エンディノと一緒にデビューアルバム「Bleach(ブリーチ)」のレコーディングを開始。ブリーチは、メルヴィンズの重いダージロック、1980年代のマッドハニーのパンクロック、1970年代のブラックサバスのヘビーメタルの影響を受けました。アルバムは翌1989年にリリース。最初の全国ツアーに乗り出しますが最後の数日間をキャンセルしてワシントン州に戻ります。レーベルは他のリリースほどブリーチを宣伝しませんでしたが、安定したセールスとなり、初期販売は40,000枚を売り上げました。しかしコバーンはレーベルのプロモーションと配布の欠如に腹を立てていました。

1990年4月、ニルヴァーナはウィスコンシン州マディソンのスマートスタジオでプロデューサーのブッチヴィグと次のアルバムの制作を開始しました。コバーンとノヴォセリックはチャニングのドラマーに魅了され、チャドは作詞作曲に関与していないことに不満を表明します。その後デモの海賊版が音楽業界で広まり始め、メジャーレーベルから注目を集めるようになると、チャドはバンドを去りました。その7月、ニルヴァーナはMudhoney(マッドハニー)のドラマー、Dan Peters(ダン・ピーターズ)とのシングル「Sliver(スライバー)」をレコーディング。Dale Crover(デイル・クローバー)は、その8月のソニック・ユースとのニルヴァーナの7日間のアメリカ西海岸ツアーでドラムを埋めました。

1990年9月、Melvins(メルヴィンズ)のバズ・オズボーンは、ワシントンD.C.のバンドスクリームが解散したドラマーのデイヴ・グロールにバンドを紹介しました。同年、DGCレコードに署名。カリフォルニア州ロサンゼルスのヴァンナイズにあるSound City Studiosで「Nevermind(ネヴァーマインド)」の制作を開始しました。 2か月間、バンドはさまざまな曲を演奏しミキサーによる最終ミックスには洗練されたサウンドに不満を表明するなど作り込んだ作品となりました。

当初、DGCレコードはアルバムを25万枚を販売することを望んでいました。リードシングル「Smells Like Teen Spirit(スメルズ・ライク・ティーン・スピリット)」は、MTVでのミュージック・ビデオの主要なエアプレイによって後押しされ、すぐに勢いを増しました。1992年1月、このアルバムはMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)の「Dangerous」をビルボードアルバムチャートで1位に置き換え、他の多くの国でチャートを1位を獲得しました。最終的に全世界で3000万枚を売り上げるビッグヒットとなりました。

カートのヘロイン中毒という問題を抱えていたバンドは一時活動麻痺の状態となり、1992年にコンピレーション・アルバム「Incesticide(インセスティサイド)」をリリース。1993年2月、ニルヴァーナはインディーズレーベルTouch&Goでジーザスリザードとのスプリットシングル「Puss」/「Oh、theGuilt」をリリース。バンドは3枚目のアルバムにプロデューサーのSteve Albini(スティーブ・アルビニ)を選びました。同年9月に「In Utero(イン・ユーテロ)」がリリースされると、アメリカとイギリスのアルバムチャートで1位を獲得。全世界で1500万枚を売り上げました。翌10月Half Japanese(ハーフ・ジャパニーズ)とThe Breeders(ザ・ブリーダーズ)の支援を受けて、2年ぶりのアメリカツアーに乗り出しました。

11月、ニルヴァーナはテレビ番組MTVアンプラグドのパフォーマンスを録音しました。スミアとチェロ奏者のロリ・ゴールドストンによって補強された彼らは、最も有名な曲を演奏しないことを選択することで、ショーの慣習を破りました。代わりに、彼らはいくつかのカバーを行い、ミート・パペッツのクリスとカート・カークウッドを招待して、ミート・パペッツの3曲の演奏に参加させました。

1994年の初め、ニルヴァーナはヨーロッパツアーに乗り出しました。彼らの最後のコンサートは3月1日にドイツのミュンヘンで行われました。ローマでは、3月4日の朝、コバーンの妻であるコートニーラブがホテルの部屋でコバーンを無意識に発見し、病院に運ばれました。コバーンは処方されたロヒプノールとアルコールの組み合わせに反応していました。残りのツアーはキャンセル。その後の数週間で、コバーンのヘロイン依存症が再び表面化し、介入の後、コバーンは薬物リハビリテーションに入るように説得されますが、1週間も経たないうちに、彼は誰にも知らせずに施設を出て、シアトルに戻りました。その1週間後の1994年4月8日、コバーンは市内のデニーブレイン地区にある自宅で自傷したショットガンの負傷で死亡しているのが発見されました。

コバーンの死が感情的に圧倒された直後に、ノヴォセリックとグロールが素材を組み立てているのを発見したため、ライブアルバムの計画であるヴァースコーラスヴァースはキャンセル。同年11月、ライヴ・アルバム「MTV Unplugged in New York」としてリリースされ、アメリカだけで500万枚以上を売り上げました。

1994年、グロールは新しいバンド、Foo Fighters(フー・ファイターズ)を設立。1997年にはノボセリック、グロール、ラブは、ニルヴァーナのプロジェクトを監督するために有限責任会社ニルヴァーナLLCを設立。ニルヴァーナのレアリティの45トラックボックスセットが2001年10月にリリースされる予定でしたが、リリース日の少し前に、ラブはニルヴァーナLLCを解散する訴訟を起こし、事件が2002年10月に裁判にかけられる前日、ラブ、ノボセリック、グロールは和解に達したと発表した。翌月、ニルヴァーナが録音した最後の曲である、これまでにリリースされていないトラック「You Know You're Right(ユー・ノウ・ユー・アー・ライト)」をフィーチャーした、最高のコンピレーションである「Nirvana(ニルヴァーナ)」がリリースされました。

2014年にはコバーン、ノボセリック、グロールがロックの殿堂入りを果たし、2021年9月、「Nevermind」の30周年を祝うために、BBCのドキュメンタリー「NirvanaCame to Britain」がリリースされ、GrohlとNovoselicへのインタビューが取り上げられました。その月、これまでにリリースされていない70曲を含む「Nevermind」の30周年記念エディションが発表されました。

Nirvanaの記事一覧へ

SNSでシェアする!