【アルバムレビュー】トム・ミッシュ『Beat Tape 2』

今回のレビューはTom Misch(トム・ミッシュ)による2作目のミックステープ「Beat Tape 2(ビート・テープ2)」

若干15歳からその頭角を表し始め、2018年の4月にリリースされたデビュー・アルバム『Geography』で瞬く間にシーンのトップに踊りでたトム・ミッシュの土台となったミックステープです。

今作は元々2015年にミックステープとして発表されたのですが、デビューアルバム『Geography』にも参加している盟友ロイル・カーナーをはじめ、アルファ・ミストやジョーダン・ラカイなどの名だたるアーティスト達が参加しています。

特に一貫して感じるJ・ディラからのヨレとアタック強めなスネアサウンドの影響、またネオソウルにおける代名詞とも呼べる彼のスムースなギターと魅惑のコード進行は今作でも魅力に溢れています。彼自身のボーカルも非常に魅力的ながら、ギターで歌うスタイルを活かしており、そのバランスは絶妙です。

また、今作は発売5周年を記念して数量限定ゴールド・ヴァイナルが発売されるなどそのリリースが待ち望まれていた作品でもあり、エリック・クラプトンやジョン・メイヤーなどのトップアーティスト達からも高い評価を受けています。ブラジリアン・ポップスの巨匠マルコス・ヴァーリとのコラボレーションも行うなど、名実ともに一気に飛躍する、その火付けとなった作品です。

楽曲に関しては、私個人的にはアルバム1曲目“The Journey”からトム・ミッシュが今作に込めた想いを感じました。

Tom Misch - The Journey - YouTube

タイトル通り、「ここから旅が始まる。」というようなまさにイントロダクションとして完璧なサウンドに仕上がっています。彼の類稀なるギターのフレージングセンスが炸裂していて、後半にかけて一気に情緒を揺さぶられます。

そしてアルバム6曲目の“Your Love”

Tom Misch - Your Love (feat. Alexa Harley) - YouTube

この曲はそれまでの流れから一気に音像が広くなったように感じました。トレモロによる細かい装飾があったり、絶妙に揺れ動くシンセと彼のギターリフがどこか宇宙的なスケールを感じさせてくれます。ミックスも完璧で完全にトム・ミッシュワールドを構築していますね。

アルバム全体を通しての感想は、前作の『ビートテープ1』と比べて非常に洗練されたまとまりがあると思います。それにより全体としてのメッセージやサウンドエスケープが明確になっていて、アーティスティックな仕上がりになっています。

驚くべきスピードで進化していく彼が、一体これからどこまでシーンを切り開いていくのかこれからも期待大です。

■「Beat Tape 2」トラックリスト

1.The Journey
2.Wander With Me (ft. Carmody)
3.Nightgowns (ft. Loyle Carner)
4.Falafel
5.Wake Up This Day (ft. Jordan Rakei)
6.In The Midst Of It (ft. Sam Wills)
7.Come Back
8.Your Love (ft. Alexa Harley)
9.Hark (ft. Alfa Mist)
10.Colours Of Freedom
11.Beautiful Escape (ft. Zak Abel)
12.Home

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽なら幅広く聴きますが特にHIP HOP、R&B、ソウル、ファンクを好みます。