新生活が始まったこの時期だからこそ聴きたいおすすめの洋楽4選

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽コラム

もうすっかり春です。

春といえば新たな出会い、新たな生活がスタートする時期でもあります。

今回は新生活が始まったこの時期だからこそ聴きたいおすすめの洋楽をご紹介していこうと思います。

新社会人の方、転職・転属された方、また引っ越しをされた方等々。いろんな場面で新生活を迎えた方もたくさんいらっしゃるかと思います。

4月が始まって約2週間。半月が経過しました。

このタイミングだからこそもう一回前向きになっておきたいという方、是非ご覧ください。

新生活が始まったこの時期だからこそ聴きたいおすすめの洋楽4選

U2 – Beautiful Day

YouTubeU2 – Beautiful Day – YouTube

1曲目はU2。前向きソングの代表格とも言えるヒット曲です。

It’s a beautiful day
Sky falls, you feel like
It’s a beautiful day
Don’t let it get away

素晴らしい日だ
空が落ちるような気分になっても
素晴らしい日だ
逃しちゃいけない

過去の困難や挫折を乗り越えて、新しい日を迎えることの重要性が強調されており、力強いポジティブなメッセージを持っている曲です。

春とは直接的な関係はありませんが、新たな出会い、新たな生活を迎えることが多いこの時期にはピッタリな曲だと言えます。

Avicii – Wake Me Up

YouTubeAvicii – Wake Me Up – YouTube

2曲目はアヴィーチー。成長や挑戦することに背中を押してくれる、結果的には前向きな曲です。

So wake me up when it’s all over
When I’m wiser and I’m older
All this time, I was findin’ myself and I
Didn’t know I was lost

だから全部終わったら起こしてくれ
僕が賢くなって、大人になったときに
ずっと、自分探しをしてたのに
道に迷ってることに気づかなかった

結果的にはとしましたが、自分の道を見つけようとする過程を割とリアルに描いていると思うので、等身大な視点が刺さりやすく、またアヴィーチー自身がこの曲で新たな挑戦をしたという事実もあり、その結果として最大のヒット曲となったという成果が伴っている点からも勇気をもらえる1曲なんじゃないかと思います。

そういった意味でも今この時期にピッタリかもしれません。

Coldplay – Every Teardrop Is a Waterfall

YouTubeColdplay – Every Teardrop Is a Waterfall – YouTube

3曲目はコールドプレイ。明るく爽やかなサウンドにマッチした前向きな歌詞がこの時期にも似合う曲になっています。

As we saw, oh, this light
I swear you, emerge blinking in to
To tell me it’s alright
As we soar walls
Every siren is a symphony
And every tear’s a waterfall

この光を見たとき
僕は誓う、瞬きながら現れる
大丈夫だと告げるために
僕たちが壁を飛び越えるとき
すべてのサイレンは交響曲になる
そしてすべての涙は滝になる

歌詞なので比喩的な表現もありますが、困難や挫折に直面しても、新しい始まりや前向きに生きることの重要性を讃えています。

「In the middle of difficulty lies opportunity.」

これはアインシュタインの名言で「困難のうちにチャンスがある」という意味がありますが、総じて似た様なメッセージ性があると言える、かもしれません。

The Beatles – Here Comes The Sun

YouTubeThe Beatles – Here Comes The Sun – YouTube

最後はビートルズ。洋楽で春と言えばこの曲と言ってもいいほど代表的な曲です。

Little darling
It’s been a long, cold, lonely winter
Little darling
It feels like years since it’s been here
Here comes the sun (Doo-d-doo-doo)
Here comes the sun
And I say, “It’s alright”

愛しい人
今まで長く寒い孤独な冬だった
愛しい人
ここに来てから何年も経ったような気がする
太陽が出てきた
太陽が出てきた
僕は言う「大丈夫だ」

希望や幸福、そして新たな始まり、明るい未来や楽しい日々がやってくることを喜び、暗い過去や困難を乗り越えていくことを「It’s alright」とまとめた1曲。

昔の曲は歌詞が少ないのでシンプルな比喩表現が割とストレートに刺さりますし、どの年代の方が聴いても爽やかで包み込むようなサウンドは聴き入ってしまうのではないでしょうか。

最後に

今回は新生活が始まったこの時期だからこそ聴きたいおすすめの洋楽をご紹介しましたが、これらは単に前向きな曲というだけでなく、サウンドも春に似合うものとして選んでみました。

ただ「春」をテーマに探してみると、びっくりするほど有名どころはオールディーズばかりで、最近の洋楽は季節を比喩的に例える歌詞の曲が減っているようにも感じる今日この頃。

単にこの時期に合いそうな「爽やかで前向きになれる」曲というのはたくさんありますので、ストリーミング・サービスなどで探してみてはいかがでしょうか。

できれば上記であげた4曲もプレイリストに是非、追加してみてください。

WRITER

酒井裕紀

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事