8月に初来日を果たしたアレクサンダー23が大人気ビート・メイカー、ケニー・ビーツを迎えた新曲「ill」のリリック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

8月に初来日を果たしたばかりのプロデューサー/シンガー・ソング・ライターのAlexander 23(アレクサンダー23)が大人気ビート・メイカーのKenny Beats(ケニー・ビーツ)をフィーチャリングに迎えた新曲「ill(イル)」をリリースし、リリック・ビデオを公開しました。

YouTubeAlexander 23 - ill ft. Kenny Beats - YouTube

リリック・ビデオではベッドルームに座ったアレクサンダーの表情をずっと捉えたこのビデオはアーティストの心情の揺らぎや苦悩が伝わってくるような映像となっています。

今作はアレクサンダーの楽曲としては初めてのヒップ・ホップのプロデューサーとの共作となっており、元恋人からのふとした連絡をきっかけに様々な記憶がフラッシュバックしてきて「君が他の誰かと肉体関係を持ってると思うと、僕の体の具合が悪くなる」と、まだ元恋人との記憶から抜け出せずにいる男の子の心細い気持ちを歌っています。

3ヶ月前の7月15日にデビュー・アルバム『アフターショック』をリリースしたばかりのアレクサンダー。2022年を通してリリースしてきたシングルを全て収録。亡き友人を想い歌った感情的で喪失感溢れる切ないトラック「ザ・ハーデスト・パート」、別れた相手のことを恋しく思う一方、付き合っている頃の自分達は良くなかったよねと赤裸々な感情を歌ったキャッチーな楽曲「クラッシュ」、オリヴィア・ロドリゴと共同で作曲し、ダン・ニグロと共同制作した「ヘイト・ミー・イフ・イット・ヘルプス」などのシングル曲に加え、YouTube上で和訳動画が約200万回再生されている「ガール」も日本盤限定ボーナス・トラックとして収録されています。

Alexander 23Alexander 23

■商品情報

Alexander 23「ill ft. Kenny Beats」

最新シングル「イル」ft. ケニー・ビーツ
リリース日:2022年10月14日
試聴はこちら

■アーティスト情報
HP
Instagram
Twitter
Facebook
TikTok

■バイオグラフィー
1995年1月23日、米シカゴ生まれ。父の影響でギターの演奏を初めたAlexander 23(アレクサンダー23)はそのクリエイティブな才能を発揮し2019年3月に「Dirty AF1s」でデビュー。
2020年にはアメリカ・レコード協会のゴールドトラックに認定された「IDK You Yet」をリリースし、瞬く間にSpotifyのトップ・ヒットに取り上げられ、Spotify上では3億回以上のストリーミングを記録。2021年にオリヴィア・ロドリゴの「good 4 u」の共同プロデュースでグラミー賞にノミネートされた。そして2022年の7月にデビュー・アルバム「アフターショック」をリリース。その次の月には初来日を果たし、一夜限りのショーケース・ライブを成功させた。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事